このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2004-037
事例作成日
(Creation date)
2004/12/02登録日時
(Registration date)
2005年04月22日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年07月05日 10時59分
質問
(Question)
河田羆「武蔵通誌 山岳編」(刊行年不明。明治期に刊行されたものか)を探してほしい。「児玉町史 自然編」p16に記載があった。
回答
(Answer)
「武蔵通誌」(標記が「武蔵通志」の場合もあり)は、1894-1895年頃に河田羆(たけし)が著した私撰地誌。東京都公文書館、静嘉堂文庫に所蔵あり。所蔵情報を連絡する。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録、《NDL-OPAC》《ゆにかねっと》《NACSIS Webcat》《NDL-OPAC(雑索)》、『国書総目録』『古典籍総合目録』には記述なし。
『埼玉県の地名』記載の文献解題になし。
『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』記載の武蔵・埼玉地誌類目録になし。

《Google》を〈河田羆〉で検索すると、人文地理学会から、雑誌『人文地理 56巻4号』(通号328号 2004)に「河田羆の地理思想と実践」が収録と判明する。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/hgeog/index-j.htm  2004/12/02最終確認)
同論文によると、「武蔵通志」は1894-95年頃、河田氏私撰の巻20から成る地誌(静嘉堂文庫所蔵)で、山岳編は巻2にあたることと、「奥武蔵」(43号 1955年:県立未所蔵)に河田楨(羆氏の長男)著「稿本武蔵通志抜萃」(4p)が収録されていることが判明した。

『奥武蔵』(142号 河田楨追悼号)から「奥武蔵」(45号)にも河田楨「稿本武蔵通志抜萃(続)」収録と判明するが県立未所蔵。

《Google》を〈武蔵通志〉で検索すると、《峠と花と地蔵さんと》のWebページから、小暮理太郎「山の憶い出」(『日本山岳名著全集 2』収録)に「武蔵通志」からの引用文があると判明。
http://tokipro.cool.ne.jp/mainfram.html  2004/12/07最終確認)

『日本山岳名著全集 2』p160と165に国司嶽と大雲取山の部分の引用文の記載あり。

《Google》を〈武蔵通誌〉で検索すると、東京都公文書館のWebサイトから、『東京市史稿 市街篇第1』p718の〈千葉氏石浜ニ拠ル〉の出典と判明する。
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/01soumu/archives/index.htm  2004/12/02最終確認)
『東京市史稿 市街篇第1』に「武蔵通誌」「武蔵通志」として引用文の記載あり。

東京都公文書館に問い合わせたところ所蔵あり、閲覧はマイクロフィルムで可とのこと。

追記:上記《峠と花と地蔵さんと》のWebページは削除されているようである(2009/07/05確認)。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
著作.編集  (021 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
武蔵通誌
武蔵通志
著作-書誌
地誌-埼玉県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
東京都公文書館
寄与者
(Contributor)
東京都公文書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000021456解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!