このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-091
事例作成日
(Creation date)
2015年08月20日登録日時
(Registration date)
2017年01月26日 11時55分更新日時
(Last update)
2017年03月15日 11時52分
質問
(Question)
「奈良郷」という地名があったと思うが、そこが現在どうなっているか知りたい。
回答
(Answer)
以下2点の資料に「奈良郷」の地名が見られたため紹介した。

『埼玉県地名誌 名義の研究』(韮塚一三郎著 北辰図書 1969)
 p348-349「奈良村」の項に「奈良は古くは奈良郷(あるいは原ノ郷)玉井庄忍領に属し、武蔵七党横山党の奈良氏の在所である。」とある。
『埼玉県市町村合併史 下巻』(埼玉県地方課編著 埼玉県 1962)
 p44 熊谷町「奈良村」の項に、「これら五村中四方寺を除く四村は、弘治年間奈良郷を分割して先ず上奈良、中奈良の二村を造成し、(以下略)」とあり、弘治年間に奈良郷の名称が使われていたことがわかる。

「奈良村」は明治22年から昭和29年の自治体名で、昭和29年に熊谷市に編入し、各大字(上奈良・中奈良・下奈良)は、同市の大字として存続している。また、「奈良村」については、『大里郡郷土誌』の「第十三章 奈良村」(p275-284)に、まとまった記述が見られる。
回答プロセス
(Answering process)
自館所蔵資料を確認する。
以下の資料に、「奈良郷」は見られなかったが「奈良」の地名の記載確認ができた。
『埼玉県の地名 日本歴史地名大系 第11巻』(平凡社 1993)
 索引に奈良村(熊谷市)あり。「熊谷市」の項目中に以下の記述あり。
  p838「〔原始・古代〕「和名抄」にみえる郷名のうち(略)幡羅郡のうち上秦(かみつはた)郷は上奈良付近、下秦郷は下奈良・上中条・肥塚付近(略)にそれぞれ比定されている。(略)「奈良(ナラノ)神社」は中奈良に比定社がある。」(中略)「〔中世〕熊谷郷は熊谷氏の名字の地で、(略)熊谷氏のほかにも市域には多くの武士が割拠し、そのおもなものとして久下郷の久下氏、中条保の中条氏、成田(なりた)郷を本領とした成田氏、同氏の一族とみられる別符(べっぷ)郷の別符氏や玉井氏・奈良氏、枇塚郷の肥塚氏などがいた。」
 p855「上奈良村(現 熊谷市上奈良)」
「幡羅郡忍領に所属(風土記稿)。(中略)かつては奈良村のうちで、成田氏一族といわれる奈良氏の苗字の地とされ、成田系図(龍淵寺蔵)によると成田氏の祖助高の子高長が奈良三郎を称している。(後略)」
 p855「中奈良村(現 熊谷市中奈良)」
 p856「奈良新田(現 熊谷市奈良新田)」
 p856「下奈良村(現 熊谷市下奈良)」あり。
  奈良郷の記述はないが、原郷については、p833に「原ノ郷村(現 深谷市原郷・常盤町・稲荷町北・稲荷町1丁目)」とあり。
『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1980)
 p639「なら 奈良〈熊谷市〉」
 「戦国期に見える地名。幡羅郡のうち。鎌倉期の武士奈良氏の出身地とされるが、地名としては新しい。」
 p640「ならちょう 奈良町<大宮市>」
 「昭和43年~現在の大宮市の町名。もとは大字奈良瀬戸。」
 「ならせど 奈良瀬戸<大宮市>」
 「奈良瀬戸村 江戸期~明治22年の村名。足立郡大谷領のうち。古くは吉野領に属し、岩付太田氏の領地と伝える。」
 p641「奈良村<熊谷市>」
 「明治22年~昭和29年の自治体名。(中略)はじめ幡羅郡、明治29年大里郡に所属。下奈良村・中奈良村・上奈良村・奈良新田・四方寺村の5か村が合併して成立。」とあり。
『新編武蔵風土記稿 第11巻』(雄山閣 1981)
 p219 「上奈良村」
 「上奈良村は原ノ郷玉井庄忍領に属せり、今隣村中奈良村の内に奈良神社あり、(略)」
 p220 「中奈良村」
 「中奈良村は郷庄領の唱(略)前村に同じ(略)」
 p223 「下奈良村」
 「下奈良村は郷庄領の唱(略)前村に同じ(略)」
『新編埼玉県史 通史編 3 近世』(埼玉県編 埼玉県 1988)
 p163「1-60 慶長期(開幕以後)現存検地帳一覧」No.9に「検地年月日:慶長12.8.2~8.14、郷:原、写、現存冊:21(屋敷帳1)、原冊:21、面積表示:畝、田畑間数:×」とあり。
『関東甲豆郷帳 日本史料選書 27』(関東近世史研究会校訂 近藤出版社 1988)
 p133-134「元禄郷帳」の武蔵国幡羅郡に、「下奈良村」「中奈良新田村」「中奈良村」「上奈良村」あり。
 p497「天保郷帳」の武蔵国幡羅郡に、「下奈良村」「中奈良村新田」「中奈良村」「上奈良村」あり。
『武蔵田園簿 日本史料選書 15』(北島正元校訂 近藤出版社 1977)
 p192に「下奈良村」「中奈良新田」「上奈良村」あり。
『熊谷市史 前篇』(熊谷市史編纂委員会編 熊谷市 1963)
 p214「上秦郡」の項に、「国郡志は、秦と奈とは文字の誤りで、上奈良の地域を充て地理志料は奈良から 秦村葛和田地方にわたる地域とする。他にも説があるが、要するに現在の妻沼町長井、秦、熊谷市奈良にわたる大部分の地域と見るべきである。」とあり。
 p316-317「上奈良」「中奈良」「下奈良」「奈良新田」の項あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉県地名誌 名義の研究』(韮塚一三郎著 北辰図書 1969)
『埼玉県市町村合併史 下巻』(埼玉県地方課編著 埼玉県 1962)
キーワード
(Keywords)
奈良郷
熊谷市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000207374解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!