このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦‐2006‐042
事例作成日
(Creation date)
2005/09/16登録日時
(Registration date)
2006年07月28日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年03月17日 14時42分
質問
(Question)
『姓氏家系大辞典 3』(太田亮著)の〈保井〉(ヤスヰ)の項に「武蔵国足立郡に保井庄あり」とあるが、〈保井庄〉は現在のどこにあたるか。
回答
(Answer)
『武蔵』(太田亮)p136に〈保井庄〉の項目あり。これによれば、現在の北本市深井、中丸あたりである。
ただし、典拠資料としてあげられている『新編武蔵風土記稿』と『大日本地名辞書』には〈保井庄〉または〈保井〉という地名は見あたらない。
『新編武蔵風土記稿 7』p127〈深井庄〉、『大日本地名辞書 6』p514〈深井〉あり。これは『武蔵』p136〈保井庄〉と同じ解説文であること
から、太田亮氏の資料に記載されている〈保井庄〉は〈深井庄〉のことではないかと推察される。以上を回答する。
回答プロセス
(Answering process)
『埼玉県の地名』(平凡社)『角川日本地名大辞典 埼玉県』『角川日本地名大辞典 東京都』『新編埼玉県史 通史』『新編武蔵風土記稿 索引』、その他の資料に〈保井〉という地名は見あたらず。
『武蔵』にのみ〈保井庄〉あり。本書には以下の記述あり。「保井庄 (フ)合村七、上下深井村より起りし庄名ならん、(三)鴻巣辺の奮庄名なりしと云。近世は村名に残りしを、今は宮内、本宿中丸、花元木などと合せ中丸村と云、鴻巣駅の南に隣る。」。(フ)『新編武蔵風土記稿』、(三)『大日本地名辞書』。
〈深井〉であらためて『新編武蔵風土記稿』と『大日本地名辞書』を調べた結果、『新編武蔵風土記稿 7』p127〈深井庄〉、『大日本地名辞書 6』p514〈深井〉で記述あり。その内容は『武蔵』の記述と同じ内容。
〈深井〉という地名なら『埼玉の地名』(平凡社)p291、『角川日本地名大辞典』p742-743にあり。以上のことから、太田亮氏の資料に記載されている〈保井〉は〈深井〉のことではないかと推察される。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
日本史  (210 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『武蔵』(太田亮 有峰書店 1970)
『新編武蔵風土記稿 [第4期] 7』(蘆田伊人/編集校訂) ((『大日本地誌体系 13』 雄山閣 1996))
『大日本地名辞書 6 増補』(吉田東伍 富山房 1990)
キーワード
(Keywords)
北本市(キタモトシ)-埼玉県-地名
武蔵国-歴史
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000029741解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!