このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2007-098
事例作成日
(Creation date)
2007/10/26登録日時
(Registration date)
2008年01月31日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年02月15日 16時35分
質問
(Question)
『小室家文書目録』(埼玉県立文書館 1997)p121-122に掲載されている、西馬(サイバ)から小室氏に宛てた書状は、何の目的で集められたのかを知りたい。
回答
(Answer)
記述がある資料は、質問の資料のみだった。
『小室家文書目録』(埼玉県立文書館 1997)
p14-15「五代小室元長」の項に、「特に、逸淵の弟子である西馬とは交遊が厚く、西馬の嘉永2年(1849)「鳳朗発句集」刊行に際しては、父為一(元貞)とともに資金援助を行っている。(文書No.1014)」との記述あり。
※これは、p121〔文書番号:1014、表題:鳳朗句集料ニ付書状〕の解題。
※小室元長(俳名誠廬 小室家五代目 1822-1885年)、西馬(本名:冨所豊三郎弘門)
回答プロセス
(Answering process)
『小室家文書目録』(埼玉県立文書館 1997)の記述確認
 p14-15「特に、逸淵の弟子である西馬とは交遊が厚く、西馬の嘉永2年(1849)『鳳朗発句集』刊行に際しては、父為一(元貞)とともに資金援助を行っている。(No.1014)」との記述あり。
※これは、p121〔文書番号:1014、表題:鳳朗句集料ニ付書状〕の解題。

『鳳朗発句集』に焦点を絞った調査
 『日本俳書大系 15 近世俳話句集』(日本図書センター 1995)
 p16に『鳳朗発句集』の解題があり、「死後西馬が主となつて・・・編輯校合したのである。」との記述あり。p577- 618には『鳳朗発句集』が所収されている。ただし、誠廬の記述なし。

『俳人久米逸淵』(群馬出版センター 1998)
 p127に『鳳朗発句集』の刊行に関する簡単な記述はあるが、誠廬については記述なし。

『児玉町史史料調査報告 13 久米逸淵小伝』(児玉町教育委員会 1990)
 p8に西馬が逸淵に入門したことについて記述あり。p42に『鳳朗発句集』の刊行に関する簡単な記述はあるが、誠廬については記述なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『小室家文書目録』(埼玉県立文書館 1997)
キーワード
(Keywords)
俳諧
誠廬(セイロ)
小室 元長(コムロ ゲンチョウ)
西馬(サイバ)
史料-都幾川村(現ときがわ町)-埼玉県
郷土資料 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000041413解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!