このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-063
事例作成日
(Creation date)
2013/12/05登録日時
(Registration date)
2015年11月16日 13時58分更新日時
(Last update)
2016年01月14日 10時20分
質問
(Question)
富岡製糸場建設後、韮塚直次郎が工場の給食の賄いを請け負ったが、いつ頃まで続き、何人くらいの人員を要していたのか知りたい。
回答
(Answer)
『富岡製糸場事典 Silk Country Gunma 21 シルクカントリー双書 8』(富岡製糸場世界遺産伝道師協会 上毛新聞社 2011)
 p163「賄方については韮塚直次郎が請け負い、その仕事は、東京から寄留した女性も多く働いていたようです。」との記述があるが、いつ頃まで続き、人員は何人要したかは確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
『富岡製糸場事典 Silk Country Gunma 21 シルクカントリー双書 8』(富岡製糸場世界遺産伝道師協会 上毛新聞社 2011)
 p162-163「工女の食事」に「操業当初は一日一人7銭1厘でしたが」と金額の記述あり。
 p163「賄方については韮塚直次郎が請け負い、その仕事は、東京から寄留した女性も多く働いていたようです。」とあり。
『絹ひとすじの青春 『富岡日記』にみる日本の近代』(上条宏之著 日本放送出版協会 1978)
 p106「賄所」の大きさあり。賄所の北部分に浴室があり、「(通行口の)鍵は工女係の官員と賄長が持った」とあり。
『官営富岡製糸所工女史料』(たかせとよじ著 たいまつ社 1979)
 p175-176「明治7年6月より製糸場御賄方稼働」として16人の女性の名あり。出典は『富岡製糸場誌』記載の入寄留簿。
『絵で見る製糸法の展開』(鈴木三郎著 日産自動車 1971) 
 p48 同氏(韮塚直次郎)は「明治6年の富岡製糸場の職員録には工女御寄宿所御賄方3名の中の一人に出ている」とあり。
『富岡日記 みやま文庫 94』(和田英著 1985)
 p43-44「賄方の芝居」に「慥十二月頃かと思ひ舛が、(中略)賄方の番頭共が皆役者に成まして」とあるが人数は不明。(前編「明治六・七年松代出身工女富岡入場中の略記」中の記述)
 p45「食物の事」に「賄の頭取が出されまして」等の記述はあるが、食事の内容についてが主で賄方の人員への言及はなし。(前編「明治六・七年松代出身工女富岡入場中の略記」中の記述)

その他調査済み資料
『富岡製糸場誌 上・下』(富岡製糸場誌編さん委員会編 富岡市教育委員会 1977)
『製糸同盟の女工登録制度 日本近代の変容と女工の「人格」』(東条由紀彦 東京大学出版会 1990)
『製糸女工の教育史』(花井信著 大月書店 1999)
『製糸労働者の歴史』(楫西光速 岩波書店 1955)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
労働経済.労働問題  (366 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『富岡製糸場事典 Silk Country Gunma 21 シルクカントリー双書 8』(富岡製糸場世界遺産伝道師協会 上毛新聞社 2011), ISBN 978-4-86352-056-1
キーワード
(Keywords)
韮塚 直次郎(ニラヅカ ナオジロウ)
富岡製糸場
給食
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000183875解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!