このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2012-10201-A
事例作成日
(Creation date)
2012年10月20日登録日時
(Registration date)
2012年10月21日 15時46分更新日時
(Last update)
2021年12月07日 18時00分
質問
(Question)
①蒲郡出身の学者さんで「小林信明(こばやししんめい)」という人がいるが、略歴をしりたい。
②その小林信明さんが「小林彭翁(こばやしほうおう)」についてお話されていたということを聞いた。何か資料として残っていないか。
回答
(Answer)
①『愛知県 人物・人材リスト』2009年版p728に略歴と主な著作の記述あり。『蒲郡の人』p170~171に記載あり。
②不明
回答プロセス
(Answering process)
1.まず『愛知県 人物・人材リスト』2009年版にて確認。p728に略歴と著作あり。著作を所蔵しているか調べてみると、『列子 新釈漢文大系22』があった。索引にて「彭翁」を探してみると、「彭祖」ならあった。こちらを見てみると、殷時代のことが書かれていたので、違う。
2.『蒲郡の人』『蒲郡の人 郷土の偉人たち』を見てみると、『蒲郡の人』p170~171に小林信明の紹介があったが、小林彭翁については書かれている部分は無かった。
3.次に小林彭翁について調べてみる。『郷土人物年表』p75に記述あり。御津の人だということだったので、『御津町誌 本文編』も見てみる。p582に記述あり。
4.インターネットでもキーワード「小林信明」「小林彭翁」「彭翁」などで調べてみるが、見つからず。
事前調査事項
(Preliminary research)
「小林信明」蒲郡大塚出身の学者さん。大漢和辞典を編纂した諸橋氏について勉強された。
「小林彭翁」御津出身。書や俳句、漢詩などを描かれていた。本名は「なかぞう」で、1830年から96歳まで生きた。「彭翁」は雅号。
NDC
伝記  (280 9版)
参考資料
(Reference materials)
『愛知県 人物・人材リスト』2009年版,日外アソシエーツ,2009
『蒲郡の人』蒲郡市教員会,1964
『蒲郡の人 郷土の偉人たち』蒲郡市小中学校教職員会,2004
『郷土人物年表』佐藤公彦,1969
『御津町誌 本文編』御津町,1990
『列子 新釈漢文大系22』明治書院,1980
キーワード
(Keywords)
小林信明
小林彭翁
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000112783解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!