このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2018-0022
事例作成日
(Creation date)
2018/11/01登録日時
(Registration date)
2018年11月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年11月03日 00時30分
質問
(Question)
戦前の朝鮮における郡庁所在地を知りたい。
回答
(Answer)
『朝鮮地誌』に「郡邑」(ぐんゆう)として、道ごとに郡の中心の町の一覧があります。「邑」とは、朝鮮では郡の中心集落をさすとのことですので、これを郡庁所在地とみなして間違いないと思われます。郡の数は、併合当時で317郡、統廃合後でも218郡と多数ありました。
郡庁所在地は、『日本地理風俗大系』に「朝鮮地方全図」という地図があり、その中で図示されています。また、『一万分一朝鮮地形図集成』にも、冒頭に戦前の朝鮮の地図があり、郡庁所在地は◎で示されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
朝鮮  (221 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 朝鮮満蒙地誌叢書 1 朝鮮地誌 朝鮮及満州社∥編纂 クレス出版 2000年 2-2920-1 「各道誌」のp.88ほか

2 一万分一朝鮮地形図集成 朝鮮総督府∥作製 柏書房 1986年 4B-2921-チ

3 日本地理風俗大系 17 朝鮮地方 下 新光社 1930年 2-291*-17
キーワード
(Keywords)
朝鮮
郡邑
郡庁
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000245093解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!