このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000020247
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2004-016
事例作成日
(Creation date)
2004/08/04登録日時
(Registration date)
2005年02月17日 02時17分更新日時
(Last update)
2009年05月29日 15時54分
質問
(Question)
明治12年頃、北海道で大雪が降ったらしいが、降雪量や積雪など、当時の様子を知りたい。
回答
(Answer)
北海道で気象観測が始まったのは明治10年で、気温などの記録はあるが、最深積雪の記録は明治22年頃からである。『明治の読売新聞CD-ROM』によると、明治12年12月26日付の記事に「雪の合間に降雨などがあったため、生活に支障が出るほど全土が凍りついた」とあった。これを紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
直接、NDC分類〈451(気象学)〉の書架にあたる。
『雪を知る 北海道の自然』によると、北海道(札幌)で気象観測が始まったのは明治10年で、気温などの記録はあるが、最深積雪の記録は明治22年頃からである。他の資料でも、積雪については1890年(明治23)以降の記録ばかりで、明治12年頃の記録は見つからなかった。
『明治の読売新聞CD-ROM』を〈北海道 & 大雪〉で検索すると、明治12年12月26日付に大雪に関する記事が見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 9版)
特種目録  (027 9版)
北海道地方  (211 9版)
参考資料
(Reference materials)
『明治の読売新聞CD-ROM』(読売新聞社 1999)
キーワード
(Keywords)
雪-積雪
北海道-気象観測-明治時代
新聞記事索引
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000020247解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!