このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000163522
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2014-051
事例作成日
(Creation date)
2014年09月09日登録日時
(Registration date)
2014年11月25日 15時28分更新日時
(Last update)
2015年01月06日 10時48分
質問
(Question)
メキシコ独立以後と以前では銀貨の絵柄が違うのか知りたい。
回答
(Answer)
メキシコ・ドルは独立以後と以前では、銀貨の絵柄が変わっている。
回答プロセス
(Answering process)
『円の誕生 近代貨幣制度の成立』(三上隆三著 東洋経済新報社 1977)
 p86に「メキシコ・ドルの鋳造は一五三五年の昔にはじまる。当時スペイン領であったメキシコで、スペイン王カルロス(Carlos)一世(=神聖ローマ皇帝カール(Karl)五世)がスペイン本国の幣制にのっとって鋳造させた銀貨がメキシコ・ドルのはじまりである。(中略)メキシコがスペインより独立(一八二一年)しても、銀貨面上の文字画紋が改められただけで実体はそのままであった。」と記述されている。また、p87に古メキシコ・ドルとメキシコ・ドルの写真(各表裏、白黒)あり。

『江戸の貨幣物語』(三上隆三著 東洋経済新報社 1996)
〈第七章 「外圧」に崩れ去る幕府 第一節 メキシコ・ドル銀貨〉(p248-)に、メキシコ・ドルについて解説あり。
 p250に「メキシコ・ドルは、スペイン王カルロス一世の命により、一五三五年に鋳造が開始された。メキシコが一八二一年にスペインから独立したので、独立以前の銀貨を古メキシコ・ドル、独立後のものを単にメキシコ・ドルとよんで区別しているが、その違いは、コイン面上の極印文字と絵画が改められたにとどまり、量目・品位はそのまま継承された。」とあり、メキシコ・ドル銀貨の写真あり。(白黒、片面のみ)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貨弊.通貨  (337 9版)
メキシコ  (256 9版)
参考資料
(Reference materials)
『円の誕生 近代貨幣制度の成立』(三上隆三著 東洋経済新報社 1977)
『江戸の貨幣物語』(三上隆三著 東洋経済新報社 1996), ISBN 4-492-37082-X
キーワード
(Keywords)
貨幣
メキシコ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000163522解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!