このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000240373
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-031
事例作成日
(Creation date)
2018年05月02日登録日時
(Registration date)
2018年08月09日 19時49分更新日時
(Last update)
2018年11月15日 17時31分
質問
(Question)
明治5年の学制発布後の蕨市の小学校の様子を知りたい。寺での塾のような教育(郷学校)が、どのように小学校へと変わっていったのか、尽力した人物などについて知りたい。
特に、蕨北小の初代校長を勤めており、浦和の高砂小の初代校長も兼務していた「石川直中(イシカワナオナカ)」という人物について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
1 蕨市の明治初期の小学校について
『新修蕨市史 通史編』(蕨市編 蕨市 1995)
 p497-505「第5節 近代教育の歩み」
 明治初期の小学校教育、石川直中についての記述あり。
『埼玉県教育史 第3巻』(埼玉県教育委員会編 埼玉県教育委員会 1970)
 県の近代教育に関する記述あり。表などに蕨市にも触れているところがあるが詳細ではない。

2 石川直中について
『ふるさとわらび 第8号』(蕨郷土史研究会 1978)
 p4-20 金子吉衛著「石川直中先生とその門人たち」所収。
 石川直中に関して詳細な記述あり。
『石川直中先生とその門人たち』(金子吉衛著 金子吉衛 19--)
 前掲『ふるさとわらび 第8号』該当論文の抜き刷り。
『蕨地方史研究 第1回研究発表会発表要項集録 第1集』(蕨地方史研究会編 蕨地方史研究会 1961)
 p34-40 奥光三郎著「石川直中先生」所収。
回答プロセス
(Answering process)
1 埼玉県の教育史に関する資料を調査する。
『埼玉県教育史 第3巻』(回答資料)

2 蕨市の歴史に関する資料を調査する。
『新修蕨市史 通史編』(回答資料)
『ふるさとわらび 第8号』(回答資料)
『石川直中先生とその門人たち』(回答資料)
『蕨地方史研究 第1回研究発表会発表要項集録 第1集』(回答資料)
『蕨市の歴史 第2巻』(蕨市史編纂委員会編 吉川弘文館 1967)
 近世までの記述で、明治の記述なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
教育史.事情  (372 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新修蕨市史 通史編』(蕨市編 蕨市 1995)
『埼玉県教育史 第3巻』(埼玉県教育委員会編 埼玉県教育委員会 1970)
『ふるさとわらび 第8号』(蕨郷土史研究会 1978)
『石川直中先生とその門人たち』(金子吉衛著 金子吉衛 19--)
『蕨地方史研究 第1回研究発表会発表要項集録 第1集』(蕨地方史研究会編 蕨地方史研究会 1961)
キーワード
(Keywords)
蕨市-埼玉県
小学校
郷学校
石川 直中(イシカワ ナオナカ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000240373解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!