このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2402
事例作成日
(Creation date)
2014年01月07日登録日時
(Registration date)
2014年12月27日 19時08分更新日時
(Last update)
2014年12月27日 19時08分
質問
(Question)
次の事項について関係資料を教えて下さい。
1 鎌倉時代や頼朝と陰陽道について
  特に源頼朝が陰陽道を忌避していたかを調べています。
2 鎌倉時代の日蝕等の天文現象について
回答
(Answer)
関係資料をご紹介します。

1 鎌倉時代や頼朝と陰陽道について
  「源頼朝が陰陽道を忌避していた」と は記されていませんが、資料から、頼朝時代
 に陰陽道に関わる記録が少ないことなどがわかります。
 (1) 『日本陰陽道史総説』 村山修一/著 塙書房 1981年
    p.283~313 「九 鎌倉武家社会の陰陽道」 
   p.284~ 頼朝と陰陽道についての記述があり、p.287には「陰陽道に関しては
   彼の政権安定後、積極的な信仰の様子は感ぜられず…」とあります。
 (2) 「鎌倉幕府と陰陽道」 佐々木馨/著  
    (『日本古代中世の政治と宗教』 佐伯有清/編 吉川弘文館 2002年)
    p.265~325 
    p.267 「…頼朝と陰陽師たちとの接触は前の仏教者に比べて断然少なく、
   七事例を数えるにすぎな   い。」
    p.270~271 「…頼朝をめぐる宗教界は、鶴岡八幡宮を核とする神仏習合を
   中心にした仏教者の奉仕に始まり、それに陰陽道的要素が付着する程度で
   あったといえよう。」
 (3) 「関東天文・陰陽道成立に関する一考察―特に「和田合戦」との連関について」 
    金沢正大/著
    (『陰陽道叢書 2』 村山修一/〔ほか〕編 名著出版 1993年) p.49~66 
 (4) 「鎌倉と京の陰陽道」 新川哲雄/著  
    (「季刊日本思想史 第58号」 日本思想史懇話会/編 ぺりかん社 2001年)
    p.33~59
 (5) 「陰陽師と鎌倉幕府」 赤澤春彦/著 
    (「日本史研究 2003年12月号 第496号」 日本史研究会 2003年)
    p.1~29
 (6) 「鎌倉期の官人陰陽師」 赤澤春彦/著 
    (「鎌倉遺文研究 第21号」 鎌倉遺文研究会/編 吉川弘文館 2008年
    p.22~55)
 (7) 「鎌倉の都市形成と陰陽道」 河野眞知郎/著
    (「国立歴史民俗博物館研究報告 第74集」 国立歴史民俗博物館 
     1997年 p.113~123)
     p.114 「…源頼朝は仏教的素養は深いものの、陰陽道的吉凶をあまり気に
   かけなかったことは、史料甲群①でよく知られるところである。」
 (8) 『中世国家の宗教構造』 佐々木馨/著 吉川弘文館 1988年
    p.102~116 頼朝と、頼朝没後の幕府での祈祷僧の内訳があり、その陰陽師
   の数の差がわかります。

2 鎌倉時代の日蝕等の天文現象について
 (1) 「『吾妻鏡』に見える天変記事を読む―鎌倉武士は天変をどう受け止めたか―」 
    湯浅吉美/著
    (「郷土神奈川 第51号」 神奈川県立図書館企画サービス部地域情報課/編 
     神奈川県立図書館 2013年) p.28~44
    p.30 頼朝と月蝕についての記述があります。

 (2) 『古天文学の道』 斉藤国治/著 原書房 1990年
    p.49~66「第三章 『吾妻鏡』の中の天文記録」 
    p.50には、「…源頼朝が自ら夜中に起きて彗星を望見したという記録がある。」、
    p.54には「一一九八  年二月八日=建久九年正月一日己亥、右大将(頼朝)
   の正月朔日蝕時の例に任せて、御所をつつ  まれず。」との記述があります。
    なお、特に頼朝と関連付けてはいませんが、p.67~天文と陰陽師について、
   p.101~日食についての記述があります。
 (3) 『暦と天文の古代中世史』 湯浅吉美/著 吉川弘文館 2009年
p.261~286 「第四章 『吾妻鏡』に見える日蝕記事の検証
    ―東国武家社会における日蝕の扱い」
    頼朝に関する直接の記述ではありませんが、p278に「…前将軍頼嗣のとき【18】
    には頼朝の先例に従って御所を裹まず、…」とあります。第Ⅲ部(p177~314)は
    「中世史料と天文・暦日」で、ほかに惑星 記事や方違えについての記述もあります。
 (4) 『日食月食宝典』 渡邊敏夫/著 雄山閣 1994年
    日食記録対照表と食状況の一覧が載っていますので、参考までにご紹介します。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
相法.易占  (148 8版)
日本史  (210 8版)
天文学.宇宙科学  (440 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000165511解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!