このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000180086
提供館
(Library)
釧路市中央図書館 (2310212)管理番号
(Control number)
M0186
事例作成日
(Creation date)
2013年01月23日登録日時
(Registration date)
2015年09月17日 14時50分更新日時
(Last update)
2015年11月08日 14時05分
質問
(Question)
新釧路町の町名の由来について知りたい。
回答
(Answer)
旧名 阿寒太(アカンプト)と呼ばれていた広大な町域であった古川町、旭町の一部が昭和32年土地区画整理事業によって分割、編入され新釧路町ができた。町名は大正12年に雄別炭鉱鉄道が開通し、特に同年9月に開設した新釧路駅は雄別鉄道の発足時からの本拠地であった。昭和11年刊行の「釧路郷土史考」にも雄鉄線と新釧路駅に付いても記されており、切っても切れない繋がりがあることを表している。当時、『わが町の顔』でもあった雄別鉄道線の「新釧路駅」の停車場名から地域住民の強い要望により、昭和32年1月頃決定された。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
釧路地方の地名を考える会. ふるさとの地名めぐり: 釧路地方の地名の由来. 釧路新聞社. 釧路新聞連載「ふるさとの地名めぐり」 (ファイル K291/K 資料コード:214796078)
新釧路町内会十周年記念編集部編. 新釧路町内会創立10周年記念誌. 新釧路町内会, 1978, 20p (K318.1/S/D 資料コード:211942690)
キーワード
(Keywords)
新釧路町
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000180086解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!