このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000058303
提供館
(Library)
釧路市中央図書館 (2310212)管理番号
(Control number)
M0004
事例作成日
(Creation date)
2008年4月16日登録日時
(Registration date)
2009年09月25日 10時45分更新日時
(Last update)
2016年01月13日 19時03分
質問
(Question)
釧路・厚岸間(一般国道44号)の道路開通200年に関する資料を希望。
回答
(Answer)
前幕領以前の松前藩領当時までは、厚岸地方に道路らしいものは、各番屋をつなぐ海岸沿いのアイヌのふみわけ道路程度のものもあったに過ぎない。幕府が東蝦夷地を直結した前幕領時代になって、初めて道路が開かれるようになりました。
釧路~仙鳳趾間(寛政11年・1799)、仙鳳趾~厚岸間(文化5年・1808)、厚岸~厚別間(享和2年・1802)の道路が開かれたことを記している。明治30年代になると、釧路~厚岸間の道路のうち、明治以前からあった昆布森~仙鳳趾~真竜の道路はほとんど使用されなくなった。その理由は明治33年に釧路~標茶間道路の沿線にある遠野から阿歴内~片無去~太田を通って真竜に通じる道路が完成され、釧路~根室間の道路として、もっとも利用されるようになったからである。現在の国道44号線となる道路は、明治40年を過ぎて、釧路~網走へ旧道を通り、別保太で分かれて、上別保~尾幌で殖民道路に接続した。大正6年11月になって、真竜から糸魚沢・茶内を通り別海に結ぶ道路ができて釧路~根室間の主要道路となった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
北海道地方  (211 9版)
参考資料
(Reference materials)
『北海道建設年表』.高木正雄/編.高木正雄.2004.10.p31. (K510/T 資料コード:216580082)
『北海道交通史』.梅木通徳/著.北方書院.1950.8.p57. (K682/U 資料コード:211321055)
『厚岸町史 下巻』.厚岸町史編さん委員会/編.厚岸町.1975.2.p665-. (K292/A/2 資料コード:216548662)
『北海道の地名』.山田秀三/著.北海道新聞社.1984.10.p1484. (K290.3/Y 資料コード:216043127)
『標茶町郷土館報告 第8~10号』.標茶町郷土館/編.標茶町郷土館.1995.3-1997.p37. (K069/S 資料コード:214471999)
『北海道道路地図都市詳細図』 (地図)
“一般国道44号 釧路-厚岸間道路 開通200年”. http://www.r44kushiro.jp/hensen.html (オンライン,2008.4.16)
キーワード
(Keywords)
厚岸
釧路
一般国道44号
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000058303解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!