このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219728
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2017-017
事例作成日
(Creation date)
20170802登録日時
(Registration date)
2017年08月02日 11時34分更新日時
(Last update)
2018年01月18日 10時13分
質問
(Question)
明治天皇が明治元年に名古屋に来たとき、行ったところはどこか。また、そのとき白鳥丸(船)に乗っていると思うが、白鳥丸の絵か写真はないか。
回答
(Answer)
『明治天皇行幸年表』p.7によると、明治元年の東京行幸のときに名古屋に来ています。9月26日に熱田に入り、翌日熱田神宮、八丁畷、戸部、鳴海に行っています。名古屋に入ってからのことは、『名古屋市史 政治編第3』p.1-4にも詳しく出ています。白鳥丸の絵については、『名古屋市史 政治編第2』p.240や『尾州軍船及御召船図』(市20-184)10-11コマに側面図と平面図があります。
回答プロセス
(Answering process)
『明治天皇行幸年表』で確認したのち、『名古屋市史 索引』を「明治天皇」で引いたところ、『名古屋市史 政治編第3』に記述を見つけました。ただし、これらの資料では白鳥丸に乗船したかどうかの確認がとれませんでした。

『明治天皇行幸年表』で桑名から乗船して佐屋へ行ったのがわかりましたので、『佐屋町史 通史編』を確認しました。『佐屋町史 通史編』p.244に桑名湊で尾張藩差し回しの白鳥丸にご乗船との記載がありました。その後、『愛知県聖蹟誌 巻1』21コマに「御召船は白鳥丸」と書かれていることがわかりました。

白鳥丸の絵については、『名古屋市史 索引』を「白鳥丸」で引いたところ該当箇所を見つけました。その後、名古屋市史資料の『尾州軍船及御召船図』(市20-184)10-11コマに白鳥丸の図があることがわかりました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
海洋工学.船舶工学  (550 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本史籍協会/編 , 日本史籍協会. 続日本史籍協会叢書 第5期 11. 東京大学出版会, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005087746-00
名古屋市. 名古屋市史 [第2巻] (政治編 第2). 愛知県郷土資料刊行会, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001474578-00
名古屋市. 名古屋市史 [第3巻] (政治編 第3). 愛知県郷土資料刊行会, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001474579-00
佐屋町史編集委員会 編 , 佐屋町 (愛知県). 佐屋町史 通史編. 佐屋町史編纂委員会, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002542742-00
愛知県 , 愛知県 編. 愛知県聖蹟誌 巻1. 愛知県, 1919.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001512930-00
尾州軍船及御召船図 名古屋市史資料(市20-184)
http://e-library2.gprime.jp/lib_city_nagoya/da/detail?tilcod=0000000006-00002081
キーワード
(Keywords)
明治天皇
行幸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000219728解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!