このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233531
提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨城-2017-209
事例作成日
(Creation date)
2018/01/23登録日時
(Registration date)
2018年03月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年05月09日 14時22分
質問
(Question)
『茨城県警察史』に次の事項が書かれていないか。
(1) 茨城県軍政部について。
 先遣隊の来県日,進駐日,司令部・駐屯地・部隊長名,慰安施設

(2) 県内の米軍のジープ事故(昭和21年~33年ごろ)についての記事。
回答
(Answer)
(1) 茨城軍政部について
◎『茨城県警察史 下』
p.524-533 「米軍の本県進駐」
 p.525 昭和20年9月11日 本県進駐の先遣隊として来県(霞ケ浦海軍航空隊に飛来)
 p.526 昭和20年9月20日 元土浦海軍航空隊に進駐したのがはじめ
 p.526-527 「第62表 進駐連合軍管轄区表」 昭和20年10月20日現在の連合軍の進駐状況
      司令部・駐屯地・駐屯部隊および部隊長・人員・管轄区の一覧表
 p.530-533 「進駐軍慰安施設の設置」の項目あり

茨城軍政部については,下記の資料にも記載があります。
◎「占領政策の地方的展開」(川俣英一著) (『茨城県立歴史館報 17』所収 p.110-144)
県内の動向については,この論文がより詳細に解説されている。
 
○『茨城県史 近現代編』
「占領行政」(p.701-709)に項目あり。「茨城軍政部」「GHQ/SCAP文書」「軍政活動報告書」「占領と県民」
概要。上記論文の方が詳細に解説されている。

○『茨城県史研究 72』
p.64-83 「占領期の本県進駐時の諸問題と文献紹介」(生田目靖志著)

○『茨城の占領時代』
「研究会報告」
 p.12-25 「占領軍進駐をめぐる茨城県の動向」(生田目靖志著)
「40人の証言」 
 p.14-21 「人々は新憲法・選挙に高い関心」 (ケネス・D.フロスト/〔述〕 海津 美織/訳)
 p.81-94 「遊郭から飲み屋街へ、奈良屋町の変遷」(青木 光一郎/〔述〕)

○『ザ・ヤンキー・サムライ』
「40人の証言」で証言をしているケネス・D.フロストの著書。
p.204-205 「茨城軍政部」についての解説あり。

(2) 主な刑事事件として取り上げられている事件,巻末の年表を確認したが,米軍のジープ事故については記載なし。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 『茨城県警察史』を確認

(2) 占領期の茨城に関する資料を確認
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
行政  (317 9版)
参考資料
(Reference materials)
茨城県警察史下巻茨城県警察史編さん委員会/編集茨城県警察本部
茨城県立歴史館報17茨城県立歴史館/編茨城県立歴史館
茨城県史近現代編茨城県史編集委員会/監修茨城県
茨城県史研究第72号茨城県立歴史館史料部県史編さん室/編集茨城県立歴史館
茨城の占領時代研究会報告茨城の占領時代研究会/編茨城新聞社
茨城の占領時代40人の証言茨城の占領時代研究会/編茨城新聞社
ザ・ヤンキー・サムライケネス・D.フロスト/著那珂書房
キーワード
(Keywords)
茨城軍政部(イバラキグンセイブ)
GHQ(ジーエイチキュー)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000233531解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!