このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
さいたま-南-20100008
事例作成日
(Creation date)
2009年12月31日登録日時
(Registration date)
2010年01月27日 14時13分更新日時
(Last update)
2011年01月05日 14時37分
質問
(Question)
“足立百不動尊”と“足立坂東三十三観音霊場”というのがあるそうだが、さいたま市南区にあるのはどこか。
回答
(Answer)
「足立百不動尊」の成立年は不明である。しかし百番の行弘寺にある供養塔には、安政六年(1860年)に建てられたとあり、それ以前から信仰があったものと考えられる。
一方、観音霊場を巡る「足立坂東三十三カ所」は、宝永二年(1705年)に高橋源太郎昌教が開いたとされる。
不動尊、観音霊場はどちらも、当時の足立郡にあたる、さいたま市(旧浦和市、旧大宮市地域)、川口市、戸田市、蕨市、鳩ヶ谷市、東京都北区などにあるが、その多くは旧浦和市地域内にある。
ただし、すでに廃寺になっているところや、当時と同じ場所にはないところもある。
現在のさいたま市南区にあるのは以下のとおり。

[足立百不動尊]
46番:一乗院(内谷)、47番:西蔵寺(内谷)、48番:観音寺(四谷)、67番:不動堂(鹿手袋)、68番:遍照院(沼影)、69番:真福寺(別所)、73番:医王寺(白幡)、74番:宝性寺(南本町)、75番:不動堂(文蔵)、76番:玉泉院(根岸)、77番:和光院(辻)、78番:吉祥院(辻)、98番:安楽寺(大谷口)、99番:善応院(広ヶ谷戸)、100番:行弘寺(太田窪)

[足立坂東三十三カ所]
4番:普門院(寺)(太田窪)、8番:福聚院(大谷口)、10番:宝性寺(南本町)、11番:観音堂(白幡)、12番:広田寺(沼影)、14番:観音寺(四谷)、15番:普門院(寺)(内谷)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏会  (186)
関東地方  (213)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
『歩いて確かめた私の足立百不動尊巡拝記』 高島英一
『浦和を知る事典』 さきたま出版会 p191,p244
キーワード
(Keywords)
さいたま市南区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062447解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!