このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2138
事例作成日
(Creation date)
2012/07/27登録日時
(Registration date)
2012年11月24日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年11月24日 02時00分
質問
(Question)
横浜市金沢区鎌利谷南2丁目、白山道にある「旧東光寺(真言宗)」について、
移転時期を知りたい。また、白山神社がいつ頃からあったのかを知りたい。

*「旧東光寺」は現在「東寺禅寺」という名前で、鎌倉の白山社から移転して、金沢の白山
 神社の前に来たことがわかっています。
回答
(Answer)
1 東光寺の移転時期について

 (1)『かねざわの歴史事典 INDEX金沢』 
   金沢区生涯学習“わ”の会かねざわの歴史事典編集委員会/編
   金沢区生涯学習“わ”の会 2010
   *p91 東光禅寺
      「応仁年間(1467~1469)に釜利谷白山堂に移った」などの記載があります。

 (2)そのほかの資料
   東光寺について詳しく書かれている資料を紹介します。
   ア 『金沢と六浦荘時代』 平田恒吉/著 金沢と六浦時代領布会 1984
     P101~ 第三章 釜利谷部

   イ 『かなざわの霊場めぐり』 金沢区仏教青年会/編 金沢区仏教青年会 1994
     第十二番 東光禅寺

2 白山神社がいつごろからあったのかについて

  (1)『金沢の古道』金沢区役所 1984
  p13 白山道
  建武2年(1335)白山堂といわれる寺院があったことなど記載があります。

  (2)『金沢ところどころ 改訂版』 佐野大和/原文 
    金沢区制五十周年記念事業実行委員会 1998
   *p122 六浦地区(103)高谷 白山社
    釜利谷の白山堂について記載があり、応安4年(1371)ころにはあった可能性があるとの
    ことです。
*p144 釜利谷地区(122)白山道と磨崖仏
    白山社について、建武二年(1335)から応永31年(1424)ころまでは、称名寺の管理の
    ようです。
    江戸時代には東光寺が管理し毎年の祭りを続けていた、などの記載があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 8版)
関東地方  (213 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000114695解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!