このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
さいたま-南-20100003
事例作成日
(Creation date)
2009年12月31日登録日時
(Registration date)
2010年01月27日 13時49分更新日時
(Last update)
2011年01月05日 14時37分
質問
(Question)
南浦和駅近くにある神社の入り口には、狛犬ではなく”鳥”の形をしたものがあるが、何の鳥か。
また鳥である理由を知りたい。
回答
(Answer)
さいたま市南区南本町1丁目の大谷場氷川神社には、参道入り口の右側に雄と雌の雉子、左側に親子の雉子が鎮座している。
かつての大谷場には畑地が広がり、クヌギ林に囲まれた閑静なこの杜には古くから雉子が棲みついていたことから、氏子の間で「雉子は氷川神のお使い」とされ、神社も“雉子の氷川様”と称されてきたことによるものである。
神社自体の創立年代は不詳だが、雉子は平成12年(2000年)12月に建立された。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175)
関東地方  (213)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉の神社 北足立・児玉・南埼玉』 埼玉県神社庁  1998 p170
『狛犬探訪』 さきたま出版会 2003 p109 (写真あり)
『浦和太田窪と周辺の四方山話』 善前自治会 2009 p12
『るるぶ 大宮・浦和・与野』 JTBパブリッシング 2007  p94 (関連記事あり)
『さいたまWalker vol.3』 角川クロスメディア 2008 p86 (関連記事あり)
キーワード
(Keywords)
さいたま市南区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062441解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!