このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000058650
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
21-12
事例作成日
(Creation date)
2009年10月09日登録日時
(Registration date)
2009年10月10日 13時45分更新日時
(Last update)
2009年12月25日 15時56分
質問
(Question)
軽大郎女(かるのおおいらつめ)について物語風に書いてあるものを読みたい。
回答
(Answer)
【資料1】P112~116:「軽太子と軽太郎女ー悲劇の予感ー」
【資料2】「聖婚の海」長島 槙子著
【資料3】P377~424:「軽王子と衣通姫」
【資料4】P226:「姫原」の由来として軽太子、軽大郎女の伝説。
【資料5】P149~156:小学5年向け国語科の副教材として物語仕立ての「軽の兄妹」。
【資料6】P209~210:中学生向けの郷土学習教材として「姫原と軽太郎女」。
【資料7】P.15~18:「姫原の比翼塚-軽太子と軽大郎女哀話-」。
【資料8】P.6~8:宮内快次「東宮山稜参拝記」。
【資料9】P.28~32:宮内快次「伝説東宮山由来記」。
【資料10】P.69~88(軽太子について書かれたP49~113「第四章 妻鳥の歴史資料」の一部)
回答プロセス
(Answering process)
1)軽大郎女には別名が多い(軽太郎女・衣通姫・衣通郎女など)ので、セットで登場して表記のゆれが少ない「軽太子」で当館蔵書検索。研究論文は外して【資料1】を提供。
2)県内作家・宇佐美まこと氏が参加したアンソロジーにあったことを思い出し、著者名検索。【資料2】を提供。
3)『四国近代文学事典』(和泉書院、2006年)の「四国県別枝項目(作品名)索引」の愛媛県部分を確認し【資料3】を提供。
4)レファレンス協同データベースで「軽太子」を検索。松山市立中央図書館提供の<「やまごえのひよくづか」について調べたい。>( https://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000038486 )を確認し、【資料4】~【資料7】を提供。

5)後日、レファレンス協同データベースに事例を入力すべく古いレファレンスを確認していたら、旧・川之江市妻鳥に縁の遺跡「東宮山古墳」があるとの事例を発見。「東宮山」で当館蔵書検索し、研究論文は外して【資料8】【資料9】を発見。
6)古墳のある旧・川之江市妻鳥に関する資料を確認。【資料10】を発見。
事前調査事項
(Preliminary research)
「古事記」は読了とのこと。
NDC
小説.物語  (913 9版)
神道  (170 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】「文化愛媛 19号」(愛媛県文化振興財団、1988年9月)
【資料2】『怪談列島ニッポン』(東 雅夫編、メディアファクトリー、2009)
【資料3】『三島由紀夫全集 決定版 16巻 短編小説2』(新潮社、2002年)
【資料4】『松山のむかし話 伝説』(松山市教育委員会、1989年)
【資料5】『しみず 副読本』(松山市立清水小学校、1990年)
【資料6】『ふるさと勝山』(松山市立勝山中学校、1990年)
【資料7】『愛媛文学手鏡』(愛媛文学叢書刊行会、1987年)
【資料8】「文化時報 189号」(川之江文化協会、1972年)
【資料9】「文化時報 200号」(川之江文化協会、1975年)
【資料10】『妻鳥町誌』(愛媛県川之江市立妻鳥公民館、1972年)
キーワード
(Keywords)
木梨軽皇子(きなしのかるのみこ)
衣通姫(そとおりひめ)
日本書紀
姫原(愛媛県松山市)
妻鳥(めんどり)(旧・川之江市)(愛媛県四国中央市)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
松山市立図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000058650解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!