このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000135415
提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中ー201341
事例作成日
(Creation date)
2008年11月07日登録日時
(Registration date)
2013年08月15日 18時25分更新日時
(Last update)
2015年02月02日 15時57分
質問
(Question)
英勝寺がまつっている水戸光圀の祖母の名前はなにか?また、延宝二年に光圀が英勝寺を訪れているが、その目的は?
回答
(Answer)
英勝寺は現在の鎌倉で唯一の尼寺。尼僧のための念仏道場として、寛永13(1636)年に建てられる。
開基 英勝院長誉清光尼 開山 玉峰清因尼 

◆英勝寺に葬られた水戸光圀の祖母?は、開基の清光尼で、俗名を「於梶(おかじ)」、後に「於勝(おかつ)」と改めている。太田安資(やすすけ)の娘で、徳川家康の側室。 光圀の父、徳川頼房の養母となっているので、義理の祖母。
 
◆延宝二年の光圀の訪問の目的は、鎌倉の史蹟歴覧のため。
回答プロセス
(Answering process)
①まず、『鎌倉事典』と、『鎌倉史跡事典』で英勝寺について確認。

②英勝寺についてもっと詳しく書かれた本ということで、『東光山 英勝寺』を確認。
 光圀が延宝二年に英勝寺を訪れたことは、『鎌倉日記』に記載があるとわかる。(p151)

③『鎌倉日記』を確認する。
 『鎌倉市史 近世近代地誌紀行編』に所収。
 「上総ノ湊ノ旅寓ヲ出、鎌倉ヲ歴覧セントテ金沢ノ浦ヘ渡ル…」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (031 8版)
各宗  (188 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
『鎌倉事典』 白井永二 東京堂出版 昭和55年 【K1 031】
『鎌倉史跡事典』 奥富敬之 新人物往来社 1997 【K1 291.3】
『東光山 英勝寺 水戸家ゆかりの尼寺』 小丸俊雄 英勝寺 昭和39年 【K1 188.6】
『鎌倉市史 近世近代地誌紀行編』 吉川弘文館 昭和63年 【K1 210.1】
キーワード
(Keywords)
英勝寺
お梶
お勝
尼寺
鎌倉日記
水戸光圀
徳川光圀
徳川頼房
太田道灌
英勝院尼
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000135415解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!