このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0058
事例作成日
(Creation date)
2014/10/01登録日時
(Registration date)
2014年11月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年11月28日 00時30分
質問
(Question)
旧永源寺町(現東近江市)に所在している長寿寺の謂れ(歴史)について知りたい。
回答
(Answer)
長寿寺は東近江市池之脇町にある天台宗寺院です。その謂れにつきましては、『永源寺町史 通史編』に「長寿寺の開基は聖徳太子とされ、慈覚大師(じかくだいし)円仁(えんにん)が中興し、現在の寺地より五〇〇メートルほど離れた本堂谷(ほんどうだに)付近に伽藍を築いたが、元亀(げんき)・天正(てんしょう)年間(一五七〇~九二)の兵火で焼失後衰退したと伝えられている。」とあります。また、明治42年(1909)に田中長八が記した「高木風土記」(田中滋家所蔵)には、長寿寺は天平九年(七三七)に高木に建立された荘厳院の末寺であり、16世紀末の戦乱で荘厳院が焼失した際に残った僧坊の1つが長寿寺であると記載されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 永源寺町史 通史編 永源寺町史編さん委員会∥編集 東近江市 2006年 S-2147- 06 p.210-212

2 近江蒲生郡志 巻7 蒲生郡役所∥編 蒲生郡役所 1922年 5-2140-7 p.783
キーワード
(Keywords)
長寿寺-東近江市
聖徳太子
円仁
高木風土記
荘厳院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000163721解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!