このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0013
事例作成日
(Creation date)
2014/04/01登録日時
(Registration date)
2014年05月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年04月11日 00時30分
質問
(Question)
比叡山の回峰行の道筋などを示した「回峰手文(てぶみ)」というものがあるそうだが、1点だけではなく数点あると聞いた。現存する点数、作成者、作成年を知りたい。また、名称はすべて「回峰手文」だろうか、個別の名称があればそれも知りたい。さらに、回峰行には、玉泉流、正教房流、回向流という3つの流派があるそうだが、どの流派のものか分かれば、あわせて知りたい。
回答
(Answer)
『比叡山回峰行の研究』によりますと、「回峰手文は、回峰行の実施手順を示したものであるが、現存する資料は比較的断片的なものが多い。その多くは、『日本大蔵経』に収録されているが、最近『山岳宗教史研究叢書』第二巻「比叡山と天台仏教の研究-村山修一編」の付録として纏まった回峰手文が発表されている」とあり、以下の10点が掲載されています。
「① 当山巡礼霊所法施記(日本大蔵経九六巻)」
「② 当山霊所巡礼次第(日本大蔵経九六巻) 嘉祥元年(八四八年)円-記 永和元年(一三七五年)叡憲写 至徳二年(一三八五年) 覚源写 応永三一年(一四二四年)定憲写 元禄一三年(一七〇〇年)洪道写 文政一〇年(一八二七年) 豪実写」
「③ 当山巡礼修行記(日本大蔵経九六巻) 応永二九年(一四二二年)證憲記 宝徳二年(一四五〇年)宗英写」  
「④ 北嶺大廻り次第(日本大蔵経九六巻) 慶長二年(一五九七年)慶俊記 慶安六年(一六五三年)叡憲写 貞享五年(一六八八年)厳覚写」
「⑤ 巡礼次第(日本大蔵経九六巻) 慶長二年(一五九七年)慶俊記 貞享五年(一六八八年)厳覚写」
「⑥ 北嶺回峰次第(日本大蔵経九六巻) 寛文八年(一六六八年)舜雄記」
「⑦ 回峰私日記(叡山文庫蔵) 寛文八年(一六六八年)舜雄記」
「⑧ 行門還源記(日本大蔵経九六巻) 享保一〇年(一七二五年)重華記 寛政元年(一七八九年)真超写」「⑨ 回峰手文(『山岳宗教史研究叢書』第二巻、付録) 天明二年(一七八二年)善海記」
「⑩ 回峰手掌記(叡山文庫蔵) 明治三四年(一九〇一年)玄秀記」
上記のうち⑧は「これは回峰手文ではないが、「行門の巡行の模様を聞きたい」という問答の形式で、回峰行者の歩く姿を物語風に書いているものである。」とあります。④・⑤・⑧・⑨・⑩は東塔系(玉泉流)、③・⑥・⑦は西塔系(正教房流)、①・②は横川系(回向流)のものです。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 比叡山回峰行の研究 平松澄空∥著 中山書房 1982年 5-1811- 82 p.55-76

2 比叡山と天台仏教の研究 村山修一∥編 名著出版 1975年 S-1811- 75 p.407-424
キーワード
(Keywords)
回峰行
延暦寺
比叡山
玉泉流
正教房流
回向流
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000153227解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!