このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
18508
事例作成日
(Creation date)
2016年04月09日登録日時
(Registration date)
2016年04月09日 16時50分更新日時
(Last update)
2017年12月07日 10時35分
質問
(Question)
「問如何是正法眼師云普」と書かれた茶席の掛軸の意味は?
回答
(Answer)
「禅文化研究所」のホームページに次の情報あり。

「修行者が「正法眼(お釈迦様がお悟りになって開かれた智慧の眼)とはなんでしょうか」と問うたところ、雲門禅師は「普」とお答えになったわけです。普とは「あまねし」という意味ですから、「広くゆきわたる」とか、「とてつもなくおおきい」ということだと思われます。」
回答プロセス
(Answering process)
(1)「リファレンス(禅文化研究所)」
http://www.zenbunka.or.jp/data/reference/

「問如何是正法眼」と入力して検索すると次のQ&Aあり。

「Q 大徳418世 松月老人書の「雲門普」という墨蹟がありますが、これについて御教示ください。

A 書を確認していないのでわかりませんが、大徳寺418世と仰るので、宙寶宗宇(松月老人と称す)の書による「雲門普」という語の出典についてお尋ねかと思います。

これは、雲門文偃禅師の『雲門広録』という語録の「對機三百二十則」の中に、「問如何是正法眼。師云普。」とある部分がそれにあたると思います。
「雲門の一字関」といい、雲門禅師は修行者を導くのに、わずか一字で禅の要旨を言い表されることが多く、その宗風をしめすのですが、この「普」というのも一字関の一つで、上記の出典の通りに出て参ります。
つまり、修行者が「正法眼(お釈迦様がお悟りになって開かれた智慧の眼)とはなんでしょうか」と問うたところ、雲門禅師は「普」とお答えになったわけです。
普とは「あまねし」という意味ですから、「広くゆきわたる」とか、「とてつもなくおおきい」ということだと思われます。」

(2)茶席の禅語句集 朝山一玄/著 淡交社 2003.2
   ※p.14の「普」に関連情報あり。出典は「雲門広録」とあるが当館所蔵なし。

(3)禅語辞典 古賀英彦/編著 思文閣出版 1991.7
   ※p.405「普」に関連情報あり。

(4)鈴木大拙禅選集 第1巻 禅の思想 鈴木大拙/著 春秋社 1990.9
※p.243に「雲門の一字関」の事例として、次の記述あり。
     問、「如何ナルカ是レ正法眼。」
     答、「普。」(あまねし。)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188)
茶道  (791)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
禅宗-語録
禅宗-仏会・仏事
茶掛
茶掛-辞典
禅宗ー辞典
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
国立国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーター様より
次の関連情報をお教えいただいた。
-------
大正新脩大藏經テキストデータベースに『雲門広録』が
収録されていました。

SAT大正新脩大藏經テキストデータベース  http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/

2015版、2012版で検索し、imageのボタンをクリックしますと該当箇所の文献画像が表示されます。

雲門匡眞禪師廣録 (No. 1988 守堅集 ) in Vol. 47

T1988_.47.0545c08: 教。師云。對一説。問如何是正法眼。師云普。
-------
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000190917解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!