このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鹿児島純心女子短期大学図書館 (3310073)管理番号
(Control number)
20090926
事例作成日
(Creation date)
2009年09月26日登録日時
(Registration date)
2012年06月08日 16時00分更新日時
(Last update)
2012年06月08日 16時00分
質問
(Question)
茶席の掛け軸にある「耕せど尽くせず」の意味、出典を知りたい。
回答
(Answer)
正しくは「耕せども尽きず」。

 田畑は、毎年耕作して収穫をあげても、決してなくなることはない。そのように、人間の心田もまた耕せども尽きることはなく、耕せば耕すほど豊かな実りをもたらす、という意味。学問・芸道では、真理の世界はどこまで探究しても尽きることがない、と解釈する。

また、久遠の仏道修行のことをいう。

 出典は芳賀幸四郎著『続一行物』。
回答プロセス
(Answering process)
はじめに広辞苑、国語辞典、仏教用語辞典で検索。『角川茶道大事典』に詳細あり。また、『茶席の禅語大辞典』にも「耕不尽(こうふじん)」で掲載されている。

 『角川茶道大事典』の文中に、出典と思われる一文(『続一行物』芳賀幸四郎)があったので、購入。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
茶道  (791 9版)
人生訓.教訓  (159 9版)
参考資料
(Reference materials)
『角川茶道大事典』普及版 角川書店 2002年 812p
『茶席の禅語大辞典』 淡交社 2002年 278p
『新版一行物 : 禅語の茶掛』上巻 芳賀幸四郎著 淡交社 1996年 118-120p
キーワード
(Keywords)
耕せども尽きず
耕不尽
茶道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000106996解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!