このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000115722
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
14499
事例作成日
(Creation date)
2012年12月13日登録日時
(Registration date)
2012年12月13日 13時07分更新日時
(Last update)
2017年02月27日 14時52分
質問
(Question)
香川県内の丁石に関する資料は?
回答
(Answer)
例えば、次のような所蔵あり。

・香川県自然科学館研究報告 第13巻 香川県自然科学館/編 香川県自然科学館 1991.3
  ※金毘羅参詣道「丸亀道」の歴史地理学的考察-一里塚の原位置と丁石間法量の復元-(萩田裕之)

・香川県自然科学館研究報告 長期研修生の部 第23巻 香川県自然科学館/編 香川県自然科学館 2003.3
  ※中讃地域に残存する丁石に関する報告(塩田敬治)
    p.44-46「⑤丸亀道」 

・四国辺路研究 第20号 喜代吉栄徳/著 海王舎 2002.12
  ※「Ⅲ 武田徳右衛門里丁石~伊予・讃岐の部~ Ⅳ 回国碑の謎 八」

・観音寺市粟井町丁石ガイドブック 粟井地区青少年育成会 [2012]

・まるがめ 3号 丸亀市文化協会/編 丸亀市文化協会 1963.11
  ※「金毘羅街道一の鳥居(吉田孤羊・句)(塩田邦一・え)」

・郷土丸亀 創刊号 丸亀郷土史学習クラブ/編 丸亀郷土史学習クラブ 1975.9
  ※「丸亀街道ある記(池内啓子)」

・郷土丸亀 第3号 こんぴら参詣丸亀街道 丸亀郷土史学習クラブ/編 丸亀郷土史学習クラブ 1979  
  ※「こんぴら参詣丸亀街道」の遺跡記録について書かれている。

・金毘羅街道 宝の道歩いて見て こんぴらさんへの道しるべ協議会/[編] こんぴらさんへの道しるべ協議会 [2006]

・香川県自然科学館研究報告 第1巻 香川県自然科学館/編 香川県自然科学館 1979
  ※「遍路道踏査-道標・丁石を中心にして-」

・香川県立五色台少年自然センター自然科学館研究報告 第34巻 香川県立五色台少年自然センター自然科学館/編 香川県立五色台少年自然センター自然科学館 2009.3
  ※「遍路道「根香道」における丁石についての報告(門孝臣)」

・香川県立五色台少年自然センター自然科学館研究報告 第36巻 香川県立五色台少年自然センター自然科学館/編 香川県立五色台少年自然センター自然科学館 2011.3
  ※「遍路道「高屋口道」における丁石についての報告(門孝臣)」

・香川県自然科学館研究報告 第12巻 香川県自然科学館/編 香川県自然科学館 1990
  ※「丸亀街道踏査(田中直樹)」

・香川県自然科学館研究報告 第14巻 香川県自然科学館/編 香川県自然科学館 1992.3
  ※「金毘羅参詣道「高松道」踏査-果程標と金毘羅信仰遺物を中心として-(宮脇史郎)」

・香川県歴史の道調査報告書 第7集 金毘羅参詣道(高松道,伊予・土佐道)調査報告書 2 瀬戸内海歴史民俗資料館/編 瀬戸内海歴史民俗資料館 1992.3
  
・お遍路文化 路傍で支える道標・丁石を辿る 四国遍路道学術調査研究会/〔編〕 四国遍路道学術調査研究会 2004.10

・プロムナード あすの四国と道路 vol.6 四国の道路を考える会/編 四国の道路を考える会 1989
  ※「丸亀街道」、「金毘羅五街道」

・金毘羅参詣道 讃岐の街道 草創シリーズ 草創の会 2006.3
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682)
各宗  (188)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
香川県
道標
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000115722解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!