このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000071422
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
Q2007Y0054
事例作成日
(Creation date)
20070704登録日時
(Registration date)
2010年09月16日 02時01分更新日時
(Last update)
2011年05月31日 12時19分
質問
(Question)
『少年倶楽部』の昭和12年から14年の間に「(西村式)豆潜水艇」の話が載っているか。
海軍にとられたという内容で写真も載っている。
回答
(Answer)
以下、【 】内は当館請求記号です。
『少年倶楽部』【Z32-387】の昭和12年~14年にかけて調査しましたが、該当するお話は見つかりませんでした。

範囲を広げ、昭和10年~16年分で所蔵しているものを調査したところ、昭和11年10月号に、内容はお探しのものとは違いますが、豆潜水艇の記事が見つかりましたのでご紹介します。
写真も掲載されています。内容は、「魔海の寶」を書くための取材で真鶴の海に潜ったというものです。

①「海底の南洋一郎先生」『少年倶楽部』23巻4号 1936.4 p.301【Z32-387】


お探しの内容に比較的近いお話に、海野十三の「豆潜水艦の行方」という作品があります。
青木学士と水上春夫少年が豆潜水艇ごとアメリカの海軍に盗まれるが、最後は脱出するというものです。『家の光』に昭和16年8月~昭和17年1月にかけて連載されており、東京本館で復刻版を所蔵しています。
掲載ページは以下のとおりです。写真はありませんが、椛島勝一による挿絵が掲載されています。

②『家の光』復刻版 不二出版 【Z6-B167】
< >内は原本の巻号年月です。
豆潜水艇の行方(1) 86巻 pp.148-152 <17(8)  1941.8>
豆潜水艇の行方(2) 86巻 pp.152-156 <17(9)  1941.9>
豆潜水艇の行方(3) 87巻 pp.146-150 <17(10) 1941.10>
豆潜水艇の行方(4) 87巻 pp.117-121 <17(11) 1941.11>
豆潜水艇の行方(5) 87巻 pp.116-120 <17(12) 1941.12>
豆潜水艇の行方(6) 88巻 pp.116-120 <18(1)  1942.8>


また、下記資料にも「豆潜水艇の行方」が収録されており、『家の光』に掲載されている挿絵もありました。 

③『海野十三全集 第9巻』 三一書房 1988.10【KH667-E8】


①は国際子ども図書館、②③は東京本館で所蔵しています。


---------------------------------------------------------------
国士館大学の方より以下の情報をいただきました。ありがとうございました。(2011/5/31追記)
---------------------------------------------------------------

戦後の出版物にも「西村式豆潜水艇」についてはあまり記事がなく、以下の2冊に掲載があります。

昭和造船史第1巻.第3編造船技術の発展 技術の変遷 (9)特異な船 a潜水調査船の項p.67に12行にわたって解説があります。
また「世界の艦船」増刊no.469 のp.111に簡単な概観図と3行の解説が掲載されています。

その他、ネット上に
「西村式豆潜水艇ホームページ」 http://chikyu-to-umi.com/n_shiki/index.htm(2010.10.15 確認) 
潜水艇の写真があり、出典が以下よりの潜水艇の画像があります。

国際写真情報.国際情報社.第15巻第10号(昭和11年10月1日号)、新造船写真史.三菱重工業横浜造船所,1981.からとなっております。「新造船写真史」のp.45に西村式豆潜水艇第2号の写真があるのを確認しました。

さらに同HPから「戦前船舶」誌に西村式深海作業艇の記事が掲載されていることがわかり、一部転載公開しておりました。手元の同誌にて確認したところ下記のような構成になっておりました。一次史料も含まれており現在の所、西村式に関してはこれ以上のものは公刊されていないと思われます。

西村英二.西村式深海作業艇史.戦前船舶,14:150-157.
[西村英二].西村式深海作業艇2.戦前船舶,16:178-199.
p.179,185-187に写真 p.180-181図
[西村英二].西村式深海作業艇3 海軍と西村艇.戦前船舶,18:166-179.
p.170-173, 176-179に写真 p.168図
[西村英二].西村式深海作業艇4 陸軍と西村艇.戦前船舶,20:184-191.
p.188-189に写真
[西村英二].西村式深海作業艇5 戦後の西村艇.戦前船舶,22:134-143.
p.134に写真

さらに 土井全二郎.陸軍潜水艦 潜行輸送艇〇ゆの記録.光人社,2010.の第一章p.40-48 「西村式豆潜水艇」に概略が載っています。p.42,43に潜水艇の写真、p.45 には潜水艇に試乗している南洋一郎の写真が掲載されています。

「戦前船舶」誌の記事から、西村式を元に海軍が建造した艇がアメリカ Newport, Virginia の The Mariners' Museum に現存しています。「西村式豆潜水艇ホームページ」にある museum の画像のリンクは既に切れていて確認は出来ません。
http://www.marinersmuseum.org/   (2010.10.15確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (051 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
児童雑誌、少年倶楽部、豆潜水艇
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000071422解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!