このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢新所-2020-003
事例作成日
(Creation date)
2018/05/06登録日時
(Registration date)
2020年06月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年06月25日 16時47分
質問
(Question)
COOL BIZ(クールビズ)はいつから始まったのか。また名称はどのように決まったのか。
回答
(Answer)
COOL BIZ(クールビズ)が始まったのは2005年6月(2005年夏との記載もあり)。名称は一般公募で決まった。
以下の資料等に記載あり。
《所蔵資料》
 〇『現代用語の基礎知識 2018』 自由国民社/編集 自由国民社 2018年
 〇『現代用語の基礎知識』 自由国民社 2019年
 〇『総合百科事典ポプラディア 3 』 ポプラ社 2011年
 〇『経済新語辞典 2008』 日本経済新聞社/編 日本経済新聞出版社 2007年
 〇『メンズ・ファッション用語大事典』 吉村誠一/著 誠文堂新光社 2010年
 〇『平成新語 出どこはどこ?』 中村三郎/著 柏書房 2019年
《オンラインデータベース》
 〇朝日新聞オンライン記事データベース 聞蔵Ⅱビジュアル
  「(読むキーワード)クールビズ エコな夏服、根付くか」2005年04月29日朝刊37面
 〇ヨミダス歴史館
  「定着する?クールビズ 省庁役人「少し恥ずかしい」「ポケットにネクタイ」」2005年6月1日東京夕刊19項
《環境省ホームページ》
 〇「環境省「夏の新しいビジネススタイル」愛称発表及び愛・地球博会場内での6月5日環境省関連イベントについて」」(平成17年4月27日報道発表資料)
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料調査
 〇『現代用語の基礎知識 2018』 自由国民社/編集 自由国民社 2018年
   p.1047「クールビズ」の項目あり。
    「2005年夏、政府が主導した軽装運動のネーミング。(後略)」と記載あり。
 〇『現代用語の基礎知識』 自由国民社 2019年
   p.172「クールビズ」の項目あり。
    「(前略)2005年夏、政府が主導した軽装運動のネーミング。(後略)」と記載あり。
 〇『総合百科事典ポプラディア 3』 ポプラ社 2011年
   p.279「クールビズ」の項目あり。
    「(前略)京都議定書の発効をきっかけに2005(平成17年)6月、環境省の主導でスタートした。(後略)」との記述あり。
2.オンラインデータベース調査
 〇朝日新聞オンライン記事データベース 聞蔵Ⅱビジュアル
  「(読むキーワード)クールビズ エコな夏服、根付くか」2005年04月29日朝刊37面
   「働く人たちがビジネスの場で身につける夏の軽装のこと。基本的にノーネクタイのスタイルを指す。「省エネルック」に代わる新しい愛称を環境省が公募し、約3200通の中から「クールビズ(COOL BIZ)」を選んだ。(後略)」と記載あり。
 〇ヨミダス歴史館
  「定着する?クールビズ 省庁役人「少し恥ずかしい」「ポケットにネクタイ」」2005年6月1日東京夕刊19項
   「「COOL BIZ(クール ビズ)」と名付けられた中央省庁の軽装化が1日、始まった。(中略)〈クール ビズ〉環境省が提唱する夏の新しいビジネススタイル。クール(COOL)は「涼しい」、ビズ(BIZ)は「ビジネス」を意味し、約3000件の公募の中から選ばれた。(後略)」と記載あり。
3.インターネット調査
 〇「環境省「夏の新しいビジネススタイル」愛称発表及び愛・地球博会場内での6月5日環境省関連イベントについて」(平成17年4月27日報道発表資料)
   「(前略)「涼しく効率的に格好良く働くことができる」というイメージを分かりやすく表現した、夏の新しいビジネススタイルの愛称を一般の方から公募しました。応募された約3,000件の作品について、(中略)最もふさわしい愛称を選考・決定いたしました。」と記載あり。 
4.本館による後日調査
 〇『経済新語辞典 2008』 日本経済新聞社/編 日本経済新聞出版社 2007年
  p.147「クールビズ」の項目あり。
   「(前略)軽装を推奨する政府主導の運動。2005年に環境省が一般から公募して名称を決めた。(後略)」と記載あり。
 〇『メンズ・ファッション用語大事典』 吉村誠一/著 誠文堂新光社 2010年
  p.285「クールビズ(COOL BIZ)」の項目あり。
   「地球温暖化対策の一環として、2005年夏から環境省主導で始められた「新しい省エネファッション」の愛称。(後略)」と記載あり。
 〇『平成新語 出どこはどこ?』 中村三郎/著 柏書房 2019年
  p.140「クールビズ」の項目あり。
   p.141「〔出処〕平成十七年(二〇〇五)五月に環境省が地球温暖化のため、(中略)環境対策の一つである。クールビズという言葉は環境省の一般公募から選ばれた(後略)」と記載あり。
5.記載のなかった資料
 △『広辞苑』 新村出/編 岩波書店 2018年
  p.818「クール」【cool】の項目に解説があるが、いつから始まったのか、名称がどのように決まったかについては未記載。
 ×『今がわかる最新時事用語 2014年版』 成美堂出版編集部/編 成美堂出版 2012年
 ×『朝日新聞報道写真集 2006』 朝日新聞社/編集 朝日新聞社 2006年
 ×『<図解>まるわかり時事用語 2005→2006年版』 ニュース・リテラシー研究所/編著 新星出版社 2005年
 ×『現代用語の基礎知識 2020』 自由国民社/編集 自由国民社 2020年
 ×『朝日キーワード就職 2019』 朝日新聞出版/編 朝日新聞出版 2017年
 ×『ビジネス・経営学辞典』 二神恭一/編著 中央経済社 2006年
 ×『エネルギー用語辞典』 Cutler J.Cleveland/共編 オーム社 2007年
 ×『朝日キーワード 2019』 朝日新聞出版/編 朝日新聞出版 2018年
 ×『一流に見える服装術』 たかぎこういち/著 日本実業出版社 2018年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (031 9版)
衣住食の習俗  (383 9版)
環境工学.公害  (519 9版)
参考資料
(Reference materials)
現代用語の基礎知識 2018 自由国民社/編集 自由国民社 2018.1 031 978-4-426-10146-6
現代用語の基礎知識 自由国民社 2019.7 031 978-4-426-10173-2
総合百科事典ポプラディア 3 ポプラ社 2011.1 031 978-4-591-11868-9
経済新語辞典 2008 日本経済新聞社/編 日本経済新聞出版社 2007.9 330.33 978-4-532-21517-0
メンズ・ファッション用語大事典 吉村誠一/著 誠文堂新光社 2010.3 589.2 978-4-416-81019-4
平成新語 出どこはどこ? 中村三郎/著 柏書房 2019.4 814.7 978-4-7601-5099-1
環境省「夏の新しいビジネススタイル」愛称発表及び愛・地球博会場内での6月5日環境省関連イベントについて」 https://www.env.go.jp/press/5936.html 2020/04/08
朝日新聞記事データベース聞蔵II http://database.asahi.com/index.shtml 2020/04/08
ヨミダス歴史館 https://database.yomiuri.co.jp/about/rekishikan/ 2020/04/08
キーワード
(Keywords)
COOL BIZ
クール ビズ
造語
環境省
軽装運動
京都議定書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000283429解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!