このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2014-050
事例作成日
(Creation date)
2013年10月10日登録日時
(Registration date)
2014年09月24日 14時27分更新日時
(Last update)
2014年11月22日 11時20分
質問
(Question)
防衛省防衛研究所で閲覧した以下の記事の紙誌名および巻号など出所を知りたい。
「漁師になりなさい 時めく参謀次長少年時代の思ひ出 上 特輯談話室87」(多田駿)
「甘黨の“亂暴隊長” 時めく参謀次長少年時代の思ひ出 下 特輯談話室88」(多田駿)
いずれも多田駿の書いたエッセイで、閲覧した資料は「多田駿大将関係資料」と名付けられていた。
回答
(Answer)
質問の記事の出所は分からなかった。
回答プロセス
(Answering process)
新聞資料(マイクロフィルム)を確認するが、該当記事の掲載はなし。
『朝日新聞 昭和12年8月-12月』(各月下旬)
『朝日新聞 昭和13年8月下旬』
『朝日新聞 昭和14年8月下旬』
『朝日新聞 昭和15年8月下旬』

新聞記事索引・新聞記事集成を調べる。
『朝日新聞記事総覧 昭和編 別冊 人名索引』(朝日新聞社編 日本図書センター 1985)
 〈多田参謀次長〉〈多田中将〉の項を検索し、該当記事を確認するが質問の記事はなし。
『朝日新聞記事総覧 昭和(戦後)編 別冊 人名索引』(朝日新聞社編 日本図書センター 1986)
 〈多田駿〉〈多田大将〉の項を検索し、該当の記事を確認するが質問の記事はなし。
『新聞集成昭和編年史 昭和12年度版 3、4』(明治大正昭和新聞研究会編集製作 新聞資料出版 1990)
 p525に8月15日「参謀次長更迭」の記事あり。マイクロフィルムで記事を確認すると、略歴に「今年56歳」とあり。質問の記事には「参謀次長へ躍進」「55歳」とあり、記述のずれが見られるが、発行年月は昭和12年8月以降と推測される。また、質問の記事は連載のようなので、巻末p5-9「主要連載記事・評論・随筆」も確認するが該当なし。

《NDL-OPAC(雑索)》で検索するが該当なし。( https://ndlopac.ndl.go.jp/F/X7P1CH23RVXJSAYPDVY1NFAQDXLDGVHYHHUNGI6QT2J3XA7HMN-11915?func=find-b-0  国会図 2014/10/11最終確認)
《聞蔵》《ヨミダス歴史館》《毎日NEWSパック》《日経テレコン21》を検索するが該当なし。

インターネット情報を調べる。
《防衛省防衛研究所 史料閲覧室 公開史料目録》
 多田駿関係の公開資料を見ることができるが、該当する記事はなし。( http://www.nids.go.jp/military_archives/catalog.html  防衛省防衛研究所 2013/09/26最終確認)
《Google》を〈特輯談話室〉で検索する。( https://www.google.com/  Google 2014/10/11最終確認)
 《神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ新聞記事文庫》
  〈多田駿〉で5件ヒットするが、いずれも質問の記事とは異なる。( http://www.lib.kobe-u.ac.jp/sinbun/index.html  神戸大学 2013/09/18最終確認)

防衛研究所戦史研究センター史料室に文書で問い合わせたところ、「確認したが出典は判明しなかった」と回答があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
『朝日新聞 昭和12年8月22日』および『朝日新聞 昭和12年8月24日』とのことだったが、現物を確認したところ該当の記事はなかった。
NDC
日本  (071 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
多田駿
照会先
(Institution or person inquired for advice)
防衛研究所戦史研究センター史料室
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000160186解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!