このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2009-029
事例作成日
(Creation date)
2009/06/24登録日時
(Registration date)
2009年11月11日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年12月02日 11時02分
質問
(Question)
江戸時代の俳諧師、久米逸淵(1790-1861)の書簡をまとめた本はあるか。
回答
(Answer)
書簡をまとめた本は見あたらなかったが、書簡が掲載されている以下の資料を紹介した。
『児玉町史 近世資料編』(児玉町 1990)
p602-603に久米逸淵の書簡が掲載されている。p600の解説によると、「逸淵の書状は児玉・本庄付近はもとより群馬県にも見られる」とある。
『児玉町史史料調査報告 13 久米逸淵小伝』(児玉町教育委員会 1990)
久米逸淵の書簡が散見される。
『新編埼玉県史 資料編12 近世3 文化』(埼玉県 1982)
p921に、久米逸淵から小室元貞への書簡が1通掲載されている。
『俳人久米逸淵』(しの木弘明 群馬出版センター 1998)
久米逸淵の書簡が散見される。
奥田豊「久米逸淵の書状について」(『埼玉史談 第49巻第3号』p26-33 埼玉県郷土文化会 2002)
書状とその翻刻が1通掲載されている。
※目録が掲載されている資料
『本庄市史 資料編』(本庄市 1976)
p文化172-173の俳人書簡目録に、久米逸淵の書簡の目録が掲載されている。
『小室家文書目録』(埼玉県立文書館 1997)
p100-101に久米逸淵の書状の目録が掲載されている。

※書簡ではないが、参考に紹介した資料は下記の2点。
『橿寮碩布と春秋庵をめぐる人々』(内野勝裕 まつやま書房 1986)
p25-26によると、逸淵が「春秋庵碩布三回忌追福集」(仮題、東京大学総合図書館酒竹文庫蔵)の序文を書いているとのことで、全文がp26に掲載されている。
『本庄市史 通史編2』(本庄市 1989)
p1009-1017「久米逸淵と本庄」の項、p1014-1015「遺言書之事」が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
久米逸淵に関係の深い、本庄、児玉、高崎の歴史関係資料と、小室家(都幾川)、川村碩布(毛呂山)に関する資料を調査した。
回答以外の調査済み資料は以下のとおり。
内野勝裕「児玉逸淵ノート(1)」(『あゆみ 14』)
内野勝裕「毛呂俳諧の草分け達児玉逸渕ノート(2)」(『あゆみ 16』)
内野勝裕「児玉逸淵ノート(3)」(『あゆみ 17』)
斉藤紫石「俳人久米逸淵に就て」(『埼玉史談 第8巻第4号』)
『都幾川村史資料 4-1~4-6』
『都幾川村史 通史編』
『新編高崎市史 資料編8 近世』
『俳人久米逸淵に就て』
事前調査事項
(Preliminary research)
情報源:「埼玉人物事典」(埼玉県 1998)p307 久米逸淵 寛政2-文久1(1790-1861)「江戸時代後期の俳諧師。児玉郡八幡山町(児玉町)生まれ。」とあり。
NDC
詩歌  (911 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『児玉町史 近世資料編』(児玉町 1990)
『児玉町史史料調査報告 13 久米逸淵小伝』(児玉町教育委員会 1990)
『新編埼玉県史 資料編12 近世3 文化』(埼玉県 1982)
『俳人久米逸淵』(しの木弘明 群馬出版センター 1998)
『埼玉史談 第49巻第3号』(埼玉県郷土文化会 2002)
『本庄市史 資料編』(本庄市 1976)
『小室家文書目録』(埼玉県立文書館 1997)
キーワード
(Keywords)
久米 逸淵(クメ イツエン)
俳人-俳諧-江戸時代
埼玉県-児玉町-本庄市
郷土資料 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000059371解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!