このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000022781
事例作成日
(Creation date)
2015/06/24登録日時
(Registration date)
2015年07月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年02月24日 10時09分
質問
(Question)
「待兼山」の名前の由来を知りたい。
回答
(Answer)
『新修豊中市史 第七巻 民俗』(豊中市)には「待兼山は、菅原道真が流罪になったとき、ここで船を「まちかねた」ことから名付けられたとも、戦国時代、敵を「まちかねた」場所であることから名付けられたとも言われている。」とある。
また『大阪名所むかし案内 絵とき「摂津名所図絵」』(創元社)には「昔、玉坂村というところに美しい女がいて、恋い慕う男が毎夜山を越えてかよい、人目をしのぶ仲になった。ある夜、男が女の心を疑い、かくれてうかがっていると、女は夜になっても男が来ないのを悲しみ、歌を詠んだ。待ちくれてうつつに見えし面影の 夢もつれなき山風の音 男はひそかにそれを聞いた。二人の思いはさらに深くなり、人目もかまわず逢瀬をくりかえして世の人にあざけられ、ついにふもとの川に身を投げてしまった。以来、その川は待兼川と呼ばれている。待兼山の名も同じ話が由来になった。」とある。
『豊中の伝説と昔話』(鹿島友治著)にも「待兼山の悲恋」として永和のころ(十四世紀後半)の同様の物語が取り上げられている。

なお、『新修豊中市史 第七巻 民俗』p251-252「待難山」(まちつれやま)には、「待暮て現に見へし面影の夢もつれなき山風の音」という和歌に関する『摂陽群談』の逸話について、待難山・待難川の逸話として記載があり、この待難山が実際にどの山であるかはわからないとしている。(2021.2.24追記)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『豊中の伝説と昔話』鹿島 友治/著 鹿島 友治 (p.3-4)
『大阪名所むかし案内』本渡 章/著 創元社 (p.227)
『新修 豊中市史 第7巻』豊中市史編さん委員会/編集 豊中市 (p.250-251)
キーワード
(Keywords)
待兼山(マチカネヤマ)
由来
豊中市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000176985解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!