このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2009-021
事例作成日
(Creation date)
2009/05/29登録日時
(Registration date)
2009年09月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年11月05日 10時13分
質問
(Question)
「SAITAMA P.T.A資料 No.1」(埼玉県教育局社会教育課か)という資料を探している。発行者および発行年月日等、正確な情報はわからない。
回答
(Answer)
埼玉県立文書館で収蔵していることがわかり、以下を回答する。
件名「埼玉PTA (創刊号-5号 23.9〔ママ〕-24.8)」、課所等名「社会教育課」。
同館に現物の表記を確認してもらったところ、現物には「SAITAMA P.T.A」とあり、「第一種 社会教育指導資料 PTA(赤鉛筆書き)」と記された小紙片が綴じられているとのこと。また、創刊号は昭和23年7月1日刊、第2号は昭和23年9月14日刊とわかる。

回答プロセス
(Answering process)
埼玉県立文書館所蔵資料「埼玉PTA」を、「SAITAMA P.T.A資料」と同一資料であると判断した経緯は以下のとおり。
《Google》を〈SAITAMA P.T.A資料〉(完全一致)で検索したところ、同資料を参考文献として使用している論文がヒットした。
杉村房彦「日本PTAの原理・研究ノート(1)」(『鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編 Vol36』)
p182参考文献に、「『SAITAMA P.T.A資料』 No.2  1948年9月」とある。No.2が1948(昭和23)年とあるため、発行年に間違いがなければ、No.1はこれよりも前に刊行されたものと思われる。
http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/7623/1/AN00408529_1984_008.pdf  2009/05/29最終確認) 

『新編埼玉県史 資料編26(近代・現代8) 教育・文化』
p948-954「PTAと後援会を分けましょう 昭和24年8月」(埼玉民事部教育課)を収録している資料は、「『SAITAMA P.T.A』No.5 埼玉県行政文書 昭17050 埼玉県立文書館収蔵」。
上記論文と埼玉県史の収録資料は、刊行年代、資料名に類似点があることから同一叢書と思われる。

埼玉県立文書館収蔵との情報から、『埼玉県教育委員会行政文書総目録 1』(埼玉県立文書館 埼玉県教育委員会 1987)を調査したところ、p237に文書番号:17050、類名:社会教育(青少年教育婦人関係)があり、この内容に「埼玉PTA」(創刊号-5号 23.9-24.8)が含まれている。

埼玉県立文書館収蔵資料「埼玉PTA」と「SAITAMA P.T.A資料」との関連を、同館に問合せた(2009/02/01確認)。
現物の表記を確認してもらうと、現物には「SAITAMA P.T.A」とあり、「第一種 社会教育指導資料 PTA(赤鉛筆書き)」と記された小紙片が綴じられているとのこと。また、創刊号は昭和23年7月1日刊、第2号は昭和23年9月14日刊とのこと。
上記論文に参考文献として使用されていた、「SAITAMA P.T.A資料 No.2」の発行年月は1948(昭和23)年9月であり、文書館所蔵「埼玉PTA 第2号」の発行年月も同じため、同一叢書であると判断される。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
学校経営.管理.学校保健  (374 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
P.T.A.-埼玉県
社会教育
行政資料
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
埼玉県立文書館 TEL:048-865-0112
寄与者
(Contributor)
埼玉県立文書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000057728解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!