このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062392
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20090078
事例作成日
(Creation date)
2004年08月14日登録日時
(Registration date)
2010年01月26日 09時57分更新日時
(Last update)
2018年10月05日 18時54分
質問
(Question)
「小田県新聞」について,『笠岡市史 第3巻』p133に二種類の小田県新聞があったような記述があるが,所蔵先を知りたい。
回答
(Answer)
笠岡市立図書館及び笠岡市史編纂室に問い合わせたところ,第3号(木版刷り小冊子)は
笠岡市立図書館及び笠岡市史編纂室で所蔵していることを確認した。
参考文献(2)『福山市史 下巻』にも二種類の小田県新聞があったことについての記述がある。
参考文献(3)~(5)は木版刷り小冊子の「小田県新聞」。
参考文献(5)には活版の「小田県新聞」の収録もある。
参考文献(6)は活版の「小田県新聞」の第2号である。
また,「小田県新聞 第2号付録」は広島県立歴史博物館が所蔵しており,複製が
広島県立文書館にあることが参考文献(7)・(8)からわかる。

(追記:2018年10月5日)
新たに次の情報提供がありました。
 
金光図書館さん(岡山県)も1~6号を所蔵されているようですのでコメントいたします。
(書誌URLは貼付できなかったため、検索ページのURLです)
http://www.konko-library.jp/WebOpac/webopac/selectsearch.do?searchkbn=0&histnum=1
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (071 9版)
参考資料
(Reference materials)
1『日本初期新聞全集 補巻1 文久2年5月(1862年6月)-明治6年1月(1873年1月)の補遺』ぺりかん社 1997 (p327:小田県新聞(木版刷り小冊子)第1号 1丁のみ 明治6年1月)
2『日本初期新聞全集 49 明治6年3月21日(1873年3月)-明治6年4月5日』ぺりかん社 1994 (p273~274:小田県新聞(木版刷り小冊子)第2号 明治6年3月)
3『日本初期新聞全集 別巻 索引・年表・解題集』ぺりかん社 2000 (p151:鈴木雄雅執筆)
4『日本初期新聞全集 補巻2 拾遺 明治6年2月(1873年2月)-明治6年12月(1873年12月)の補遺』ぺりかん社 1997 (p114~116:小田県新聞(木版刷り小冊子)第3号 明治6年4月,p371:小田県新聞(活版印刷)第1号 明治6年11月)
5『笠岡市史 第3巻』笠岡市史編さん室/編集 笠岡市 1996
6『備後史談 第12巻』芸備郷土誌刊行会 [1970](第12巻1号(昭和11年)-12号:復刻原本 備後郷土史会発行) (第8号p3,第9号p11,第10号表紙裏 小田県新聞第2号(明治6年11月))
7『医師・窪田次郎の自由民権運動:春の企画展』広島県立歴史博物館/編集 広島県立歴史博物館 1997 (p68 111粟根村博聞会記事(小田県新聞第二号付録))
8『広島県立文書館複製資料目録 第1集』広島県立文書館/編 広島県立文書館  1988 (p147 雑綴 小田県新聞第二号附録(粟根村博聞会記事))
キーワード
(Keywords)
小田県新聞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062392解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!