このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000155109
提供館
(Library)
伊万里市民図書館 (2310016)管理番号
(Control number)
伊万里市民-2014-9
事例作成日
(Creation date)
2014年6月26日登録日時
(Registration date)
2014年06月26日 10時50分更新日時
(Last update)
2014年06月26日 11時19分
質問
(Question)
江戸時代に橋を渡るときに料金が必要だったらしいが、詳細を知りたい。
回答
(Answer)
渡橋に料金が発生したのは、橋の修理のためだった。

『古事類苑』地部 三 p155に、大川橋を渡る際の渡銭が掲載。
ちなみに、町人百姓は一人につき二銭。

また、『明治以前 日本土木史』土木学会/編 岩波書店 第五章 橋梁 第四編 道路・橋梁・渡場・関所 に様々な橋の歴史が掲載されている。
日本橋の項目では「武家は相除き其外往来之諸人より鳥目壹銭宛取之(中略)」とあった。
吾妻橋では「武士方を取除き、往来の者より一人に付二銭宛取立る事」とあった。
回答プロセス
(Answering process)
《ジャパンナレッジ》で、「渡橋」で検索。『国史大辞典』の“橋”の“近世”の項目がヒットした。参考文献を提供する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建設工学.土木工学  (510)
日本語  (031)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
土木学会/編 , 土木‖学会. 明治以前日本土木史. 岩波書店, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I012913715-00 , ISBN 400009842X
古事類苑 : 神宮司庁蔵版 地部 3. 吉川弘文館, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002471823-00 , ISBN 4642002049
キーワード
(Keywords)
渡橋銭
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000155109解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決