このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000138713
提供館
(Library)
伊万里市民図書館 (2310016)管理番号
(Control number)
伊万里市民-2013-18
事例作成日
(Creation date)
2013年10月15日登録日時
(Registration date)
2013年10月15日 15時01分更新日時
(Last update)
2013年12月22日 16時47分
質問
(Question)
「文帝之辞 朕これを聞く夫し天地万物の芽ばえ生ずるや滅せざるものなし蓋し死なるものは天の理地の自然なりなんぞはなはだしくこれを嫌うことあらんや」
この文帝は漢の時代の文帝か?唐の時代の文帝か?
回答
(Answer)

前漢第五代皇帝文帝の言葉。
史記の孝文本紀の終盤、未央宮に崩じた場面の遺詔の中に
「朕の聞くところによれば、天下の生じたる万物で死なないものはないという。市は天地の理、万物の自然である。はなはだしく哀しむにはあたらない。…」
という記載がある。

回答プロセス
(Answering process)
ニッポニカで文帝を調べると前漢、魏、隋の時代にそれぞれいたらしい。
しかし、文帝(魏)→曹丕 文帝(隋)→楊堅と記載され文帝の項目には前漢の文帝のみ説明があったので、先ず前漢の文帝について調べる。
『史記』の考文本紀を読んでいくと質問者の示した「朕これを聞く…」と同じ意味の文章を見つけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
作品集  (928 9版)
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
中国古典文学大系 10 史記 上 平凡社 1968, ISBN 4-582-31210-1
日本大百科全書 20 ふ-へか  小学館 1994, ISBN 4-09-526120-X
キーワード
(Keywords)
文帝
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000138713解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!