このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。
メインコンテンツにスキップ

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-0021659
事例作成日
(Creation date)
2023年02月15日登録日時
(Registration date)
2023年09月06日 11時18分更新日時
(Last update)
2023年09月29日 09時11分
質問
(Question)
昔読んだ畑山博の作品を探している。
・登場人物の母親の名前は恵子(けいこ)
・中高生くらいの少年が万引きをしたくだりから始まる
・昭和60~62年頃読んだが、新刊本であったかは不明
回答
(Answer)
『泉のある家』(畑山博/著 家の光協会 1983年)であることが判明した。
回答プロセス
(Answering process)
市内所蔵の畑山博の著作のうち、1985年(昭和60年)以前に出版されたものを確認。

『いつか汽笛を鳴らして』畑山博/著 文芸春秋 1982年
短篇集。
「けものが撃たれるとき」(p5-67)
「どうして電話器なんか盗む気になったんだね」と、清志が更生友の会の会員たちから問い詰められる場面から始まる。
「それなら、話題を変えて、北海道のことやおふくろさんのことを話してもらおうかねえ」など母親に関する話題に続くが、母親は亡くなっており、清志が母親を「せいちゃん」と呼んでいたことなどがその後分かってくる。万引きの場面で始まり、恵子ではないものの母親に絡んだエピソードが出てくる。

利用者に確認したところ、『いつか汽笛を鳴らして』収録の「けものが撃たれるとき」ではないとのこと。
・母親の名前が「恵子」であることは確かである。
・途中で息子が万引きに誘われ、それをすかした感じで断るシーンがあった気がする。
・短編でない。
という追加情報あり。

再度、市内所蔵の畑山博作品を確認したところ、質問内容と一致する本が見つかった。
『泉のある家』畑山博/著 家の光協会 1983年
母親恵子には3人子どもがいる。
長女 初枝     → 中2
長男 守(まもる) → 中1 登校拒否
次男 敏(とし)  → p81 敏が体育の授業を抜け出して文具店で万引きをする。章のタイトルは「ザ・マンビキ」。

質問者に確認したところ、お探しの本と一致した。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者は『はにわの子たち』を読んだ記憶があるが、これではなかった。
NDC
小説.物語  (913 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
畑山博
あらすじレファレンス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000338269解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決

Twitter

このデータベースについて

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ

新着データ

最近のアクセスランキング

レファ協PickUP!