このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。
メインコンテンツにスキップ

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-1838
事例作成日
(Creation date)
2022/03/08登録日時
(Registration date)
2022年12月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年12月07日 00時30分
質問
(Question)
インドで、象の形をした神様についてわかる資料はないか。カレーの店で見たが、どんな神なのか知りたい。
回答
(Answer)
ヒンドゥー教の知恵と文学の神「ガネーシャ」は、象の頭をもち、人間の身体、一本の牙と4本の手をもち、太鼓腹でときにはネズミを乗物とする。物事の開始を司る神として庶民の篤い信仰を集めている。また、障害を取り除く力を備え、太ったお腹から、大食いと幸運をもたらす力の象徴でもある。日本の密教では、聖天、または歓喜天(大聖歓喜天・歓喜自在天)とも呼ばれる。
 
○次の資料を紹介する。
・『インドを知る事典』(山下博司共著/東京堂出版/2016.8)…p46-47、p275
・『デリー・アグラ・ジャイプル インド [2019]』(JTBパブリッシング/2019.7)…p91
・『世界の神話大図鑑』(佐藤俊之監修/PHP研究所/2013.2)…p55
・『世界の神話と英雄大図鑑』(フィリップ・ウィルキンソン/河出書房新社/2020.10)…p156、p206
・『爆笑インド神話』(シブサワコウ編/光栄/1995.12)…p210-211
   
○追加調査で、次の資料にも確認。
・『インド神話伝説辞典』(菅沼晃編/東京堂出版/1985.3)…p109-110
・『ヴィジュアル版世界の神話百科 東洋編』(レイチェル・ストーム/原書房/2000.10)…p213-215、巻末付録「系図」
・『世界神話大事典』(イヴ・ボンヌフォワ編/大修館書店/2001.3)…p1009-1024
・『世界神話辞典』(アーサー・コッテル/柏書房/1993.9)…p104-105
・『南アジアを知る事典』(辛島昇監修/平凡社/2012.5)…p166-167
・『東洋神名事典』(山北篤監修/新紀元社/2002.12)…p92
・『ヒンドゥー教の事典』(橋本泰元/東京堂出版/2005.11)…p255
・『インド神話物語百科』(マーティン・J.ドハティ/原書房/2021.4)…p94-96
・『インドの神々』(斎藤昭俊/吉川弘文館/2007.7)…p106-111
・『世界大百科事典 5 改訂新版』(平凡社/2007.9)…p525 
 
○追加調査で、「聖天」「歓喜天」について、次の資料を確認。
・『日本国語大辞典 第7巻 第2版』(小学館国語辞典編集部編集/小学館/2001.7)…p207
・『国史大辞典 3』(国史大辞典編集委員会編/吉川弘文館/1983.2)…p787
・『日本の神仏の辞典』(大島建彦[ほか]編/大修館書店/2001.7)…p382
回答プロセス
(Answering process)
1. 請求記号「292」の棚をブラウジングし、インドの資料を確認する。
(1)『インドを知る事典』(山下博司共著/東京堂出版/2016.8)
…p46-47「ヒンドゥー教の神々」の項に、「ガネーシャ」とあり、「象頭の愛嬌のある姿で知られ、物事の開始を司る神として庶民の篤い信仰を集めている。日本の密教では聖天(しょうてん)ないし歓喜(かんぎ)天と呼ばれ、夫婦和合や子授けの神として有名」と記載あり。
→「ガネーシャ」と判明。
…p275「畏敬の対象としての動物」の項に、「ガネーシャ神はネズミに(中略)乗る」と記載あり。
(2)『デリー・アグラ・ジャイプル インド [2019]』(JTBパブリッシング/2019.7)
…p91に写真あり。
 
2. (1)より、フリーワードに「ガネーシャ」で自館資料検索。
(3)『世界の神話大図鑑』(佐藤俊之監修/PHP研究所/2013.2)
…p55「象の頭をもつガネーシャ」の項に、「商売と学問の神」とあり、象の頭で、牙が一本の説明あり。「片方の牙が折れた象の頭に首から下が人間、でも手が4本ある不思議な姿をしている」と記載あり。
(4)『世界の神話と英雄大図鑑』(フィリップ・ウィルキンソン/河出書房新社/2020.10)
…p156に説明、p206に写真あり。
(5)『爆笑インド神話』(シブサワコウ編/光栄/1995.12)
…p210-211に「彼は食べ物、特に果物が好きな神と信じられていて、捧げられるのは圧倒的に食べ物が多い。その食べ過ぎで、ガネーシャは太鼓腹」と記載あり。
 
→以上より、(1)~(5)の資料を貸出して終了。
 
3. 追加調査で、請求記号「R16-」の棚を確認。
(6)『インド神話伝説辞典』(菅沼晃編/東京堂出版/1985.3)
…p109-110「ガネーシャ(Gaṇeśa)の項に、「象頭をした知恵の幸運の神」「ガネーシャはガナ(群衆)とイーシャ(主)という意味で、ガナパティとも呼ばれる」「ガネーシャは人間の身体をもち、牙が一本だけの象の頭をもち、太った腹をつき出し、蛇の帯をしめた姿であらわされる」とあり。象頭についての2つの説と、一本の牙しか持っていない物語の記載あり。
(7)『ヴィジュアル版世界の神話百科 東洋編』(レイチェル・ストーム/原書房/2000.10)
…p213-215「ガネーシャ(Ganesha)」の項に、「ヒンドゥー教の知恵と文学の神であり、偉大な神シヴァとパールヴァティーの息子、象の頭と太鼓腹を特徴とするが、後者は大食いと幸運を分け与える力の象徴でもある。4本の腕をもつが、牙は1本しかない」と記載あり。象の頭になった2つの説話あり。11世紀の石彫の写真と、挿絵あり。
…巻末付録の「系図」の「インド シヴァ家系」に「ガネーシャ(知の神)」あり。
(8)『世界神話大事典』(イヴ・ボンヌフォワ編/大修館書店/2001.3)
…p1009-1024に、複数の神話を基に、ガネーシュの説明あり。
(9)『世界神話辞典』(アーサー・コッテル/柏書房/1993.9)
…p104-105の「ガネーシャ」の項に、「障害を取り除き知恵を授ける。あらゆる重要な事業の開始にあたって供養され、書物の巻頭で祈念される。今日では、インドの学生のノートの表紙によく登場する」「ときとして鼠に跨っていたり鼠を伴っていたりする小さな布袋(ほてい)腹の男として表現される。ひとつの手には貝殻を、別の手には円盤を、第3の手には棍棒を、第4の手には睡蓮を持つ」と記載あり。石像の写真あり。
(10)『南アジアを知る事典』(辛島昇監修/平凡社/2012.5)
…p166-167「ガネーシャ」の項に、「5世紀以前につくられたガネーシャ像は発見されておらず、その信仰は6世紀前後に生じたとみなされる」と記載あり。写真あり。
(11)『東洋神名事典』(山北篤監修/新紀元社/2002.12)…p92に説明あり。
 
4. (1)(7)より、フリーワード「ヒンドゥー教」で自館資料検索。
(12)『ヒンドゥー教の事典』(橋本泰元/東京堂出版/2005.11)…p255「ガネーシャ神の生誕祭」の記述あり。
(13)『インド神話物語百科』(マーティン・J.ドハティ/原書房/2021.4)…p94-96に説明あり。
(14)『インドの神々』(斎藤昭俊/吉川弘文館/2007.7)
…p106-111「23 ガネーシャ」は「除難と成功の神、諸願成就の神」とあり、「エーカ・ダンタ Eka-Danta 一本の矢、聖天(しょうでん)(日本)」等19点の名称の記載あり。
 
5. 請求記号「R031」の棚をブラウジング。
(15)『世界大百科事典 5 改訂新版』(平凡社/2007.9)
…p525「ガネーシャ」の項に、「あらゆる障害を取り除く力を備えているとされ、(中略)ねずみを乗物とする」「彼は土俗神で、後代にシバ神話と関連づけられた新しい神であるが、古代の動物祟拝theriolatryのなごりと考えられる」と記載あり。
 
6. (1)(14)より「聖天」「歓喜天」の言葉を調べる。
(16)『日本国語大辞典 第7巻 第2版』(小学館国語辞典編集部編集/小学館/2001.7)
…p207「聖天(しょうでん)」の項に、「大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)の略。仏語。インドの仏教守護神の一つ。もとはヒンドゥー教の神。その形象は象頭人身で、単身と双身とがある」と記載あり。
(17)『国史大辞典 3』(国史大辞典編集委員会編/吉川弘文館/1983.2)
…p787「歓喜天」の項に、「歓喜自在天・大聖歓喜天ともいい、略していう聖天・天尊もこの尊の異名」「シバ神の軍衆を統べる将神で、ガネシャといわれ」と記載あり。
(18)『日本の神仏の辞典』(大島建彦[ほか]編/大修館書店/2001.7)
…p382「歓喜天(かんぎてん)」の項に、「一般に聖天(しょうてん)とも呼ばれる」「もとは諸々の悪行を働いた邪神ガネーシャであった」と記載あり。
 
→以上より、追加調査で、(6)~(18)に記述があることを確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
アジア  (292 10版)
神話.神話学  (164 10版)
ヒンズー教.ジャイナ教  (168 10版)
参考資料
(Reference materials)
B10683029 インドを知る事典 山下博司/共著 東京堂出版 2016.8 292.5 978-4-490-10879-8
B10818257 デリー・アグラ・ジャイプル インド [2019] JTBパブリッシング 2019.7 292.5 978-4-533-13474-6
B10639580 世界の神話大図鑑 佐藤俊之/監修 PHP研究所 2013.2 164 978-4-569-78299-7
B10880228 世界の神話と英雄大図鑑 フィリップ・ウィルキンソン/著 河出書房新社 2020.10 164 978-4-309-25414-2
B10084771 爆笑インド神話 シブサワコウ/編 光栄 1995.12 164.25 9784877193034
B10675499 インド神話伝説辞典 菅沼晃/編 東京堂出版 1985.3 164.25 9784490101911
B10222070 ヴィジュアル版世界の神話百科 東洋編 レイチェル・ストーム/著 原書房 2000.10 164.2 9784562033355
B10249436 世界神話大事典 イヴ・ボンヌフォワ/編 大修館書店 2001.3 164.036 9784469012651
B10015748 世界神話辞典 アーサー・コッテル/著 柏書房 1993.9 164.033 9784760109227
B10630130 南アジアを知る事典 辛島昇/監修 平凡社 2012.5 225 978-4-582-12645-7
B10362133 東洋神名事典 山北篤/監修 新紀元社 2002.12 164.2 9784775301234
B10542498 ヒンドゥー教の事典 橋本泰元/著 東京堂出版 2005.11 168 9784490106824
B10911478 インド神話物語百科 マーティン・J.ドハティ/著 原書房 2021.4 164.25 978-4-562-05915-7
B10570186 インドの神々 斎藤昭俊/著 吉川弘文館 2007.7 162.25 978-4-642-06337-1
B10573116 世界大百科事典 5 改訂新版 平凡社 2007.9 031 9784582034004
B10268323 日本国語大辞典 第7巻 第2版 小学館国語辞典編集部/編集 小学館 2001.7 813.1 9784095210070
B10001479 国史大辞典 3 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1983.2 210.033 9784642005036
B10266914 日本の神仏の辞典 大島建彦/[ほか]編 大修館書店 2001.7 162.1 9784469012682
キーワード
(Keywords)
インド
ガネーシャ
ヒンドゥー教
聖天
歓喜天
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000325198解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決

Twitter

このデータベースについて

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ

新着データ

最近のアクセスランキング

レファ協PickUP!