このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。
メインコンテンツにスキップ

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
安城市図書情報館 (2310061)管理番号
(Control number)
2224
事例作成日
(Creation date)
2022年10月27日登録日時
(Registration date)
2022年11月16日 09時49分更新日時
(Last update)
2022年12月17日 13時14分
質問
(Question)
『幕末・維新のかりや』p84の表10にある「青中紙」とは何のことか
回答
(Answer)
青、中、紙を含む「青中紙」に近い語の記載のある資料、「青中紙」と表記のある資料はあるが、「青中紙」が何のことかわかる資料はみつからなかった。また、用法や見た目の特徴などから「青中紙」と言えそうなものはいくつかあるが、断定できる記述のある資料を見つけることはできなかった。


【参考文献】
①『幕末・維新のかりや かりやにおける庶民のくらし』(A23/70/)
②『刈谷町庄屋留帳 第20巻』(A234.4/カリ/20)
③『愛知県史 資料編29 近代』(A201/アイ/シリ-29)
④『刈谷市史 第7巻 資料 近代』(A234.4/カリ/7)
⑤『刈谷町庄屋留帳解説 第11巻より第20巻まで 11』(A23/172/)
⑥『染織事典 日本の伝統染織のすべて』(753.0/ナカ/)
⑦『日本史色彩事典』(757.3/マル/)
⑧『和紙つくりの歴史と技法』(585.6/クメ/B)
⑨『紙の大百科』(585/ビ/)
⑩『和紙のすばらしさ 日本・韓国・中国への製紙行脚』(585.6/ハン/B)
⑪『和紙文化研究事典』(585.6/クメ/B)
⑫『尾張藩紙漉文化史 御用紙漉職・辰巳家を中心として』(A585/コウ/)
⑬『藩札 江戸時代の紙幣と生活』(A337/タチ/)
⑭『国史大辞典 3 か』(210.0/コ/)
⑮『刃物大全 文明とともにあり続ける道具を知る』(581.7/ハモ/B)


《追記》参考情報
『東海の言葉辞典』(A80/12/)
 p3「あおなか」の項に、・・・中等の青色をした、すきかえしの鼻紙。・・・
と記述あり
回答プロセス
(Answering process)
(1)対象資料を確認
 ①『幕末・維新のかりや かりやにおける庶民のくらし』(A23/70/) 
 ➡明治7年の刈谷町の物産と出荷量・出荷額をあらわした表で、「青中紙 600東」と書いてある。

(2)「東」という単位を含め、誤植の可能性を考え、①の資料の記述より元の資料である②『刈谷町庄屋留帳 第20巻』(A234.4/カリ/20)の明治7年付近を探す。
➡明治8年の章に対象資料と一致するものを発見。「600東」ではなく、「600束」とわかる。
 ・②は翻刻された資料のため、さらに元の資料を調べる。
  ➡p1より、原本は全158冊で、刈谷市中央図書館にあること、一次資料タイトルは「御触状留帳」であることが分かる。当館所蔵なし。中身   の確認できず。

(3)『愛知県史』をブラウジング
➡③『愛知県史 資料編29 近代』(A201/アイ/シリ-29)…p4「愛知郡特有物産表(抄)」より
 明治12年時点の上名古屋村(現:名古屋市西区)で、士族階級の者が「青中紙」を生産していたことが分かる。
 これにより、「青中紙」というものは誤植ではなく、何かのものを指す言葉である可能性が高くなる。

(4)①の表に「物産品」と書かれていたことから、なんらかの刈谷の物産品であると推測し、明治期の刈谷の産業について書かれている資料を探す。
 ・業務システムにて「刈谷市史」で検索
  ➡④『刈谷市史 第7巻 資料 近代』(A234.4/カリ/7)…p350今川村に「紺屋」があったことが分かる。
  (今川村は第九大区七小区。対象の表は第九大区六小区のものであるため、付近の村である)
 
 ・業務システムにて「刈谷町庄屋留帳」で検索
  ➡⑤『刈谷町庄屋留帳解説 第11巻より第20巻まで 11』(A23/172/)
  ➡p70…明治4年に「田畑勝手作り」が許可され、三草(藍・麻・紅花)が作られるようになった。
   p84…明治7年の「物産品届け」と明治8年の「物産調べ」によると、「刈谷町には工業について見るべきものはなく…」とあり、「青中紙」は工業系のものではない可能性が高いことがわかった。

(5)(4)より「青中紙」が藍など染織に関わるものである可能性を考え、753(染織工芸)のコーナーをブラウジング
➡⑥『染織事典 日本の伝統染織のすべて』(753.0/ナカ/)…p11よりインジゴチンを「青藍」ということがわかる。

(6)色の名前から調べる。分類757(デザイン)のコーナーをブラウジング
➡⑦『日本史色彩事典』(757.3/マル/)…p115より以下のことが分かる。
 ・「中色」が明治期の中藍に相当し、江戸期の色であること
 ・「縹色(花田色)」が帛(きぬ)の青白色のものであり、ツキクサ(ツユクサ)で染めたことに由来すること。
 ・「青和幣(あおにぎて)」が青色の和幣のことを指すこと。

  ※和幣…榊の枝に掛けて神前にささげる麻や楮(こうぞ)で織った布。のちには絹や紙も用いた。

(7)「紙」(製紙工業)の棚をブラウジング
➡⑧『和紙つくりの歴史と技法』(585.6/クメ/B)より以下のことが分かる。
 ・p91… 平安期に写経用紙が黄・黄褐・茶・赤・青の色付きであった。
 ・p138…製紙は農民の農閑期の稼ぎとして行われていた。
 ・p153…障子紙に「中折紙」「諸口紙」「備中紙」を使用することが多い。

➡⑨『紙の大百科』(585/ビ/)
 p90
 ・一枚漉きの「単箋」より厚く、単箋を二枚重ねて漉いた厚手の紙「二層紙」とも違う、表面が毛羽立った「青六匹」があることがわかる。

➡⑩『和紙のすばらしさ 日本・韓国・中国への製紙行脚』(585.6/ハン/B)
 p76~
 ・「青花紙」滋賀県近江地方産の特殊な紙
 ・「青色紙」とくに上質の青色の紙
 ・「中紙」第2の中等級の紙につけた名
 p81~
 ・「色紙」文字どおり色を付けた紙の意であるが、色のついていない種類の紙もある。
 ・色紙は単独の種類のもので、他の色を付けた紙と混同してはならない。
 ・色紙の30-40色の中には黒色と白色も含むが、この50年間に色紙の色は標準化された。

➡⑪『和紙文化研究事典』(585.6/クメ/B)
 p60-61で「青」の付く紙を調べる
 ・「青紙」青色に染めた紙。染料は青花(ツユクサ)。標紙の青紙と同じもの。平安期には、青き紙、青き色紙、青き薄紙などと記され、和歌の料紙となっている。紺紙ともいい、近世には青土佐の別称でもあった。
 ・「青国栖(あおくず)」国栖紙を青く染めたもの。
 ・「青摺紙(あおすりのかみ)」1.山藍で文様を摺りつけ染めた紙 2.青い蝋紙のこと
 ・「青土佐」厚くて紺色に染めた紙で紺土佐ともいう。色のやや薄いものを青土佐といって紺土佐と区別することもある。近世初期から土佐でつくられ、のちに大阪、京都でもつくられたが、壁面の腰張り用として需要が多かった。
 ・「青波森下」青波は岐阜県山県市美山町の大字。
 ・「青花紙」露草の花の絞り汁で染めた紙。近江山田郷が特産地。
 ・「青表紙」藍で淡い青色に染めた表紙。
 ・「青本」表紙の色から名付けられた江戸中期の通俗絵入りの小型読物(草双紙)。

➡『尾張藩紙漉文化史 御用紙漉職・辰巳家を中心として』(A585/コウ/)
 p372
 ・藩札はいずれも短冊形であり、厚い和紙を使用、額面別に白・赤・黄・茶・青などの色に分けていたことがわかる。

(8)「藩札」をキーワードに、337(貨幣)の棚をブラウジング
➡⑬『藩札 江戸時代の紙幣と生活』(A337/タチ/)
 p11…藩札は短冊形、原料は楮、色は白が基本で青や黄色もあることがわかる。
 p18…刈谷藩でも藩札が発行されていたことを確認。

(9)③の中で、上名古屋村で「青中紙」が生産されていたことから、名古屋の郷土史で「青中紙」に関する記述を探す。
→『新修名古屋市史 第4巻』(A250/シン/4)、『新修名古屋市史 第5巻』(A250/シン/5)…記述なし
 『西区の歴史』(A251.2/ヤマ/)…記述なし
 その他、本館所蔵の幕末から明治期の名古屋の産業に関する資料に、「青中紙」の記述は見当たらなかった。

(10)事典類で「青中紙」を探す
・百科事典(全種類)で「青中紙」「中紙」を引く→記載なし
・『日本史大事典』(210.0/ヘイ/1)で「青中紙」を引く→記載なし
・『国史大辞典』1(210.0/コ/)、『国史大辞典』10(210.0/コク/)で「青中紙」「中紙」を引く→記載なし
・『国史大辞典 索引』にて「青・中・紙」の付く言葉を探す
 ➡『国史大辞典 3 か』(210.0/コ/)
 p51「懐紙」
  一般に重ね折りにして懐中に入れ、平常の雑事に用いる紙を指す。陸奥紙、檀紙、杉原紙、薄様が通例で、薄様は青帖紙、紅帖紙のように
  染色紙を一色あるいは数種の色交えの重ね紙として用い、下絵を描く場合もあった。和歌懐紙は、中世以降料紙として檀紙を用いるのが
  通例となり、女子は薄様となった。

(11)レファレンス協同データベースにて「青中紙」で検索
➡「青紙」「白紙」に関するレファレンスがヒット
 ・記述資料の⑮『刃物大全 文明とともにあり続ける道具を知る』(581.7/ハモ/B)より、玉鋼に「青紙」「白紙」という用語があることが分かる。

(12)インターネットにて「青中紙」で検索
➡「青紙(玉鋼)」「青花紙」がヒット

 インターネットにて「中紙」で検索
➡「グリーティングカードの中紙」「中質紙」「中性紙」「カーボン紙の2枚目」など似た語は出てきたが、「青中紙」そのものについてはヒットなし
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
パルプ.製紙工業  (585 9版)
デザイン.装飾美術  (757 9版)
染織工芸  (753 9版)
参考資料
(Reference materials)
刈谷市教育委員会/編. 幕末・維新のかりや かりやにおける庶民のくらし. 刈谷市教育委員会, 1969.
刈谷市教育委員会/編. 刈谷町庄屋留帳 第20巻. 刈谷市, 1988.
愛知県史編さん委員会 編集 , 愛知県史編さん委員会. 愛知県史 資料編 29 近代 6 工業 1. 愛知県, 2004.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I077266915-00
刈谷市史編さん編集委員会 編 , 刈谷市. 刈谷市史 第7巻 (資料 近代). 刈谷市, 1991.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002117006-00
刈谷市教育委員会/編. 刈谷町庄屋留帳解説 第11巻より第20巻まで. 刈谷市, 1988.
中江克己 編 , 中江, 克己, 1935-. 染織事典 : 日本の伝統染織のすべて. 泰流社, 1987.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001893052-00 , ISBN 4884706137
丸山伸彦 編 , 丸山, 伸彦, 1957-. 日本史色彩事典. 吉川弘文館, 2012.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023576438-00 , ISBN 9784642014670
久米康生著 , 久米, 康生. 和紙つくりの歴史と技法. 岩田書院, 2008.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I009132425-00 , ISBN 9784872945034
ダード・ハンター 著 , 久米康生 訳 , Hunter, Dard, 1883-1966 , 久米, 康生, 1921-2015. 和紙のすばらしさ : 日本・韓国・中国への製紙行脚. 勉誠出版, 2009.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010561941-00 , ISBN 9784585032472
久米康生 著 , 久米, 康生, 1921-2015. 和紙文化研究事典. 法政大学出版局, 2012.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024016182-00 , ISBN 9784588321276
河野徳吉 著 , 河野, 徳吉, 1926-. 尾張藩紙漉文化史 : 御用紙漉職・辰巳家を中心として. 中日出版社, 2005.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007813366-00 , ISBN 4885192536
橘敏夫 著 , 橘, 敏夫, 1956- , 愛知大学綜合郷土研究所. 藩札 : 江戸時代の紙幣と生活. あるむ, 2013. (愛知大学綜合郷土研究所ブックレット ; 22)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024392524-00 , ISBN 9784863330641
国史大辞典編集委員会/編 , 国史大辞典編集委員会. 国史大辞典 3. 吉川弘文館, 1983.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005705931-00 , ISBN 464200503X
紙の大百科. 美術出版社, 2001. (新デザインガイド)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002975362-00 , ISBN 4568502276
刃物大全 : 文明とともにあり続ける道具を知る. ワールドフォトプレス, 2013. (ワールド・ムック ; 965)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024137908-00 , ISBN 9784846529659
キーワード
(Keywords)
青中紙(アオナカガミ)
青(アオ)
紙(カミ)
中紙(ナカガミ)
刈谷町庄屋留帳(カリヤマチショウヤトメチョウ)
物産品(ブッサンヒン)
一般書
藩札(ハンサツ)
和紙(ワシ)
染織(センショク)
漉紙(スキガミ)
郷土
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
愛知県立大学学術研究情報センター 今井田様
国立国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーター 寺尾隆様
《追記部》
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000324142解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決

Twitter

このデータベースについて

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ

新着データ

最近のアクセスランキング

レファ協PickUP!