このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。
メインコンテンツにスキップ

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-1192
事例作成日
(Creation date)
2022年04月26日登録日時
(Registration date)
2022年11月09日 14時58分更新日時
(Last update)
2022年12月04日 10時26分
質問
(Question)
鶏肉を「かしわ」と呼ぶのはなぜか。
回答
(Answer)
◆参考資料1『日本大百科全書』p228
「かしわ」
「「鶏肉 (けいにく) の別名。もとは、中国渡来の、羽毛が黄褐色のニワトリを黄鶏と書き、「かしわ」とよんでいた。主として関西で多く飼育されていたところから、関西では鶏肉の一般名称としてもかしわが用いられ、またニワトリの上等肉を第二次世界大戦までは「かしわ」とよんだ地域もある。」の記述あり。

◆参考文献2『日本国語大辞典 第三巻』p624
「かしわ【黄鶏】」
「(柏の葉の色に似ているのでいう)羽毛が茶褐色の鶏。和鶏。(以下略)」の記述あり。

◆参考文献3『日本語源広辞典』p211
「かしわ【鶏肉】」
「語源は、二説あります。説1は、「黄鶏の羽毛の色が、柏の葉の色に似ているところ」が、語源になったという説です。説2は、「カシワ(膳)に乗せる肉」が語源で、食用に最上の鶏肉の意です。」の記述あり。

◆参考資料4『たべもの起源事典』p99
「かしわ(黄鶏)」
「もともとは、関西地方での食用鶏の呼び名。今日では、上等鶏肉から、鶏肉の総称となる。(中略)
大陸から伝えられた黄鶏は、羽毛の色が柏の枯れ葉に似ていて、かしわと呼んだとする説がある。」の記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
①日本語の辞典類で「かしわ」を調べる

②語源辞典で「かしわ」を調べる
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (810 10版)
参考資料
(Reference materials)
1.日本大百科全書 5//小学館/1985.8/031/R/70-5
2.日本国語大辞典 第3巻/小学館国語辞典編集部/編集/小学館/2001.3/813/1R/96-3
3.日本語源広辞典/増井金典/著/ミネルヴァ書房/2012.8/813/6R/51
4.たべもの起源事典/岡田哲/著/東京堂出版/2004.3/383/8R/534
キーワード
(Keywords)
鶏肉
かしわ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000323690解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決

Twitter

このデータベースについて

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ

新着データ

最近のアクセスランキング

レファ協PickUP!