このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-2815
事例作成日
(Creation date)
2022/08/13登録日時
(Registration date)
2022年10月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年10月06日 16時02分
質問
(Question)
明治時代の終わりから大正時代にかけて、秋田県ではどのようなもの(衣類や雑貨)が流行したか記載のある資料はあるか。
回答
(Answer)
以下の資料を案内。

①『秋田市史 第4巻 近現代』(秋田市/編、2004、214.5/アア/4郷)資料番号:128947710

②『秋田市史 第11巻 近代 史料編 上』(秋田市/編、2000、214.5/アア/11郷)資料番号:124247875

③『秋田県史 〔通史編〕第5巻 明治篇』(秋田県/編、1977、210/アア/5)資料番号:124015579

④『秋田県近代総合年表』(無明舎出版/編、無明舎出版、1988、210/ムア/郷)資料番号:129982500

⑤『秋田県文化史年表 藩制確立以降・日本歴史対照(1602〜1951)』(原武男/編、1952、203/ハア/郷)資料番号:124032053

⑥『秋田県民100年史 1 明治・大正・昭和の写真記録 暮らしと話題の100年』(無明舎出版、1986、212.4/ムア/1)資料番号:124022211

⑦『村の落書き 鶴松爺の絵つづり雑記帳』(畠山 鶴松/著、無明舎出版、1984、611.9/ハム/郷)資料番号:111244760

⑧『明治から昭和まで』(鷲尾よし子/著、秋田魁新報社、1982、289.1/ワメ/郷)資料番号:128140175
回答プロセス
(Answering process)
1.郷土資料を確認。下記資料が該当。
①『秋田市史 第4巻 近現代』(秋田市/編、2004、214.5/アア/4郷)資料番号:128947710
⇒ p391-404 「第3章 産業・経済-第1節 鉱工業の発展」に絹織物、醸造業、金銀細工の記載あり。 
⇒ p406 その他の雑工業に、「多数を占めたのは大工、裁縫、指物、菓子、鍛治など市民の日常生活の需要に応じる伝統的職種であった。生活の洋風化に対応した新たな需要に応ずるものとしては、靴・石銅板印刷・時計の他、(中略)帽子・自転車修繕・マッチ附木製造・硝子・ペンキ塗り・煉瓦・ラムネ製造・蝙蝠傘修繕・製材があった。」との記載あり。
⇒ 同頁 「洋服仕立職および同請負業」については「明治31年の第17聯隊移駐後は、この需要が大きかった」との記載あり。
⇒ p412-421 「第2節 商業と金融の発展」に「鉄道移出入主要貨物」「各種商人」の一覧記載あり。具体例として「辻兵吉の呉服太物洋服店」の記載あり。
⇒ p417-418 「地元消費人口の急拡大が実現した。明治31年に、仙台から歩兵第17聯隊と第16旅団司令部が秋田市に移駐されたのである。(中略)陸軍御用もしくは旅団御用を掲げる業者は、洋服裁縫業、醬油味噌酢醸造業、理髪師、諸紙洋物荒物卸商、菓子商、石屋、書籍類商、清酒醤油味噌精米製造業、薪炭馬糧商」との記載あり。
⇒ p419 「明治期における市域の商業その他の会社」一覧記載あり。

②『秋田市史 第11巻 近代 史料編 上』(秋田市/編、2000、214.5/アア/11郷)資料番号:124247875
⇒ p580-587 「商工人名記 明治34年9月」記載あり。

③『秋田県史 〔通史編〕第5巻 明治篇』(秋田県/編、1977、210/アア/5)資料番号:124015579
⇒ p868-868 「経営形態の変移」に「万屋式経営はやゝ専門化されるに至り(後略)」以下に、洋酒缶詰、書籍雑誌、小間物の記載あり。

④『秋田県近代総合年表』(無明舎出版/編、無明舎出版、1988、210/ムア/郷)資料番号:129982500
⇒ p50 「明治20年(1887)※この頃より暖室炉(ストーブ)使用 ※この頃より本県でレンガの製造」
⇒ p68 「明治29年(1896)自転車が普及しはじめる。道路事情がよくなり、荷車にかわり大八車や大七車(四輪車)が登場」
⇒ p71 「明治30年(1897)※家庭向けハンドオルガン、別名“手オルガン”入る」
⇒ p81 「明治35年(1903)※この頃、ピアノの購入が競争のようになり(中略)ピアノの次にバイオリンが流行」
⇒ p113 「大正7年(1918)※スキー、一般にも普及、大衆化する」
⇒ p128 「大正15年=昭和1年(1926)※ラジオ、県内にも普及しはじめる」との記載あり。

⑤『秋田県文化史年表 藩制確立以降・日本歴史対照(1602〜1951)』(原武男/編、1952、203/ハア/郷)資料番号:124032053
⇒ p211 「1910(明治43) この年からセル地の袴が流行した」との記載あり。

2.郷土資料分類210(秋田県史)に関する書架をブラウジング。下記資料が該当。
⑥『秋田県民100年史 1 明治・大正・昭和の写真記録 暮らしと話題の100年』(無明舎出版、1986、212.4/ムア/1)資料番号:124022211
⇒ p92-116 「大正時代」の「生活から」の項に「カンカン帽」「ランプ」「ククリ袴」「一本杖スキー」「時計」の写真あり。

3.上記資料の内容より所蔵検索。以下の資料が該当。
⑦『村の落書き 鶴松爺の絵つづり雑記帳』(畠山 鶴松/著、無明舎出版、1984、611.9/ハム/郷)資料番号:111244760
⇒ p134-143 「市日」の章に、明治・大正期の市の様子の記載あり。「〈木綿類〉久留米絣、チリメン、羽二重、染餅、フランネル、コクラ(中略)紺、縞、アサギ等」「シボクサ」「木炭」の記載あり。

⑧『明治から昭和まで』(鷲尾よし子/著、秋田魁新報社、1982、289.1/ワメ/郷)資料番号:128140175
⇒ p9-11 「町の屋並」に「おしめ干しの干籠などあったかごや、升屋かざりや(金銀細工)、長谷川下駄屋、伊藤瀬戸物屋、後藤煙草屋」との記載あり。

記載のなかった資料は以下の通り。
×『秋田県史 〔通史編〕第6巻 大正,昭和編』(秋田県/編、加賀谷書店、1977、A210/75/6)資料番号:110725397
事前調査事項
(Preliminary research)
『思い出のアルバム 秋田市ー明治・大正篇』(無明舎出版、1984)
NDC
歴史  (2)
参考資料
(Reference materials)
秋田市史第4巻秋田市/編集秋田市
秋田市史第11巻秋田市/編秋田市
秋田県史〔通史編〕第5巻秋田県/編秋田県
秋田県近代総合年表無明舎出版/編無明舎出版
秋田県文化史年表原武男/編原武男
秋田県民100年史1無明舎出版
村の落書き畠山 鶴松/著無明舎出版
明治から昭和まで鷲尾よし子/著秋田魁新報社
キーワード
(Keywords)
秋田県(アキタケン)
流行(リュウコウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000322017解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!