このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000038549
事例作成日
(Creation date)
2021年04月02日登録日時
(Registration date)
2022年09月29日 13時59分更新日時
(Last update)
2022年09月29日 13時59分
質問
(Question)
甲府駅南口の武田信玄公像のモデルとなった元の絵または像は何か。
回答
(Answer)
武田信玄公像の除幕式翌日、1969(昭和44)年4月13日の「山梨日日新聞」によれば、高野山成慶院所蔵の信玄公画像をもとに原型が作られたとある。
また、『細面だった武田信玄』(斎藤芳弘/著 叢文社)p.222にも、成慶院蔵の画像が甲府駅前の銅像に刻まれたという記述がある。

なお、甲府駅南口の武田信玄公の銅像は、武田信玄公銅像建立奉賀会により建立、1969(昭和44)年4月12日に除幕され、甲府市に寄付された。銅像の彫刻者は日展評議員の宮地寅彦氏。
回答プロセス
(Answering process)
1.地域資料で信玄公像建立についての情報を調査
 → 1969(昭和44)年4月に除幕式があったことは分かったが、モデルについての情報は見つからなかった。

2.インターネットで調査
 → (1)甲府市ホームページで1969(昭和44)年4月12日(信玄公の命日)に武田信玄公銅像建立奉賛会からの寄附により設置されたことが分かったが、モデルについては言及されていない。

3.1969(昭和44)年4月13日の「山梨日日新聞」を調査(マイクロフィルム)を調査
 → 1面に除幕式の記事が大きく取り上げられている。高野山成慶院所蔵の信玄公画像をもとに作製されたとある。

4.所蔵資料で信玄公の肖像について書かれている本を調査
 → 『細面だった武田信玄』(斎藤芳弘/著 叢文社)p.222にも、成慶院蔵の画像が甲府駅前の銅像に刻まれたという記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金属彫刻.鋳造  (715)
参考資料
(Reference materials)
山梨日日新聞 昭和44年4月13日 1面
斎藤芳弘 著 , 斎藤, 芳弘, 1926-. 細面だった武田信玄 : 甲斐武田軍団秘史. 叢文社, 2010.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010666630-00 , ISBN 9784794706317 (p.222)
キーワード
(Keywords)
武田信玄
銅像
肖像画
甲府市
甲府駅
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000321867解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!