このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-22-115
事例作成日
(Creation date)
2022年06月11日登録日時
(Registration date)
2022年09月23日 16時52分更新日時
(Last update)
2022年10月07日 20時58分
質問
(Question)
楢木範行氏が長野県で教職についていた時代の論文が、伊那富小学校の雑誌『郷土』に掲載されているか。
回答
(Answer)
楢木範行氏が上伊那農業学校に在任していた大正15年(1926年)-昭和3年(1928年)7月とは時期がずれるが、当館所蔵の『郷土』 伊那富小学校郷土研究会篇 伊那富小学校 1929 【N242/120】は、第1巻から第3巻までの合冊製本したもので、
  第1号、第2号、第3号、第1巻第4号、第1巻第5号
  第2巻第1号、第2巻第2号、第2巻第3号、第2巻第4号、第2第5号
  第3巻第1号、第3巻第2号、第3巻第3号、第3巻第4号
にそれぞれ目次の記載があり、
  第2巻第1号に第1巻分の総目録
  第2巻第5号に第2巻分の総目録
  第3巻第4号に第3巻分の総目録
が掲載されていた。
 上記の目次からタイトル及び著者名を確認したが、楢木範行氏の名前は確認できなかった。

 また、長野県の教職員の多くが寄稿する雑誌に『信濃教育』があり、この総目次で楢木範行氏の著作を調べたが、確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 『郷土』 伊那富小学校郷土研究会篇 伊那富小学校 1929 【N242/120】の目次を確認していく。

2 楢木範行氏について、在職した学校等を確認する。
 宮崎大学 地域資源創成学研究科の「みやざき伝承プラットフォーム」に、楢木氏が長野県上伊那農学校で2年半教壇に立っていたという記載があった。当館所蔵の『長野県学事関係職員録 大正15年度-昭和3年度』 信濃教育会編 信濃教育会 1926 【N370/101/'26-'28】を確認したところ、大正15年度職員録のp.235に上伊那農業学校の教諭心得として名前の記載があり、昭和2年度職員録のp.261に上伊那農業学校の教諭兼舎監として名前が確認できた。

3 『会員名簿 1982』 上伊那農業高等学校同窓会編 上伊那農業高等学校同窓会 1982【N376.4/155】p.21に旧職員・教諭として楢木氏の名前(在任期間大正15年-昭和3年7月)と宮崎県の住所の記載があった。

4 雑誌『信濃教育』の総目次で楢木範行氏の著作を調べる。

<調査資料>
・『郷土』 伊那富小学校郷土研究会編 伊那富小学校 1929【N242/120】
・『あゝ上農 上伊那農業高校90年の星霜』
      伊那毎日新聞社出版企画室編 伊那毎日新聞 1984【N376.4/156】
・『長野県学事関係職員録 大正12年度-大正14年度』
      信濃教育会編 信濃教育会 1923【N370/101/'23-'25】
・『長野県学事関係職員録 大正15年度-昭和3年度』
      信濃教育会編 信濃教育会 1926【N370/101/'26-'28】
・『会員名簿 1982』 上伊那農業高等学校同窓会編 上伊那農業高等学校同窓会 1982【N376.4/155】
・『信濃教育』 総目次 信濃教育会
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育  (370 10版)
参考資料
(Reference materials)
伊那富小学校郷土研究会/篇 , 伊那富小学校郷土研究会. 郷土. 伊那富小学校, 1929-00.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059240127-00  (【N242/120】)
キーワード
(Keywords)
楢木範行
長野県上伊那農学校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000321682解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!