このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。
メインコンテンツにスキップ

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2022-031
事例作成日
(Creation date)
2021年3月23日登録日時
(Registration date)
2022年09月14日 17時02分更新日時
(Last update)
2022年12月09日 14時16分
質問
(Question)
埼玉県に関する郷土資料において、古流剣術「心形刀流」を学んだ人物、道場や心形刀流にまつわる資料を見たい。
回答
(Answer)
埼玉県における「心形刀流」に関する人物として「木原周輔」について記述のある資料、また、心形刀流を源流とする「柳剛流」に関する記述があったを資料を紹介した。

1 「心形刀流」に関連する人物について
木原徹也著「〈研究ノート〉心形刀流の剣術家-武州越ケ谷宿木原周輔を中心として」(『埼玉地方史 13』p33-42 埼玉県地方史研究会 1982.7)
 p34 埼玉県内の剣術の系統について記述あり。
 p38-39 木原周輔の門人達の一覧あり。

『埼玉苗字辞典 第1巻(ア-オ)』(茂木和平著 茂木和平 2004)
 「ア」( http://saitama-myouji.my.coocan.jp/1-1a.html
  「会田 アイダ」の一〇に「万延元年武術英名録に神道無念流会田市太郎、同年木原周輔 門人帳に越ヶ谷宿会田初五郎」とあり。
  「新井 アライ」の八五に「同郡青柳村(草加市) 剣術木原周輔門人帳に慶応元年・埼玉郡青柳村新井孝造。」とあり。

『埼玉苗字辞典 第2巻(カ-シ)』(茂木和平著 茂木和平 2006)
 「カ(カアイ-カネクラ)」( http://saitama-myouji.my.coocan.jp/2-3ki.html
  「加藤 カトウ」の一五四に「安政六年剣術木原周輔門人帳に鳩ヶ谷宿加藤耕三郎。」とあり。
 「キ-ケ」( http://saitama-myouji.my.coocan.jp/2-3ki.html
  「木原 キハラ」に「五 越ヶ谷宿 医師木原良廸の子剣豪木原周輔・明治十二年没七十一歳は門弟多くあり。」とあり。

2 「柳剛流」について
『埼玉武藝帳 江戸から明治へ』(山本邦夫著 さきたま出版会 1981)
 p56-69、p102-106、p108-109、p144-150、p156-162、p205-208、p211-212、p266-268に柳剛流に関する記述あり。
 p170「岡田総右衛門奇良(柳剛流) 「新撰武術流祖録」に、「はじめ心形刀流を習い、後諸州を修行して脚を撃ち」とあるが、詳細は不明である。」とあり。
『幕末関東剣術英名録の研究』(渡辺一郎著 渡辺書店 1967)
 p11「第2表 関東地方に普及発展した「新流」」の中の2流派の源流に「心形刀流」あり。
 「柳剛流」の記述に「源流 心形刀流(伊庭軍兵衛直保)」「流祖名 岡田総右衛門希良」「没年 文政9年、62才」「主な在所、出身 武州葛飾郡惣新田」とあり。「富士心流」の源流として3流派あり、その1つが「心形刀流」との記述あり。
『埼玉県教育史 第1巻』(埼玉県教育委員会編 埼玉県教育委員会 1968)
 p486-487、p491-496、p499-500、p508、p516-517に柳剛流に関する記述あり。
『埼玉県剣客列伝』(山本邦夫著 遊戯社 1981)
 p304-327「柳剛流」
 p310「同流の系譜」あり。系譜は「心形刀流初代 伊庭是水軒秀明常吟子」から始まる。
『幸手剣術古武道史』(剣術流派調査研究会編 剣術流派調査研究会 2008)
 柳剛流に関する記述あり。
『幸手市史 通史編1 自然.原始・古代.中世.近世』(生涯学習課市史編さん室編 幸手市教育委員会 2002)
 p764-766「柳剛流の祖・岡田総右衛門奇良」あり。
『川口市史 通史編 上巻』(川口市編 1988)
 p816-820「柳剛流剣術と中山氏」あり。
『浦和市史 通史編 2』(浦和市総務部市史編さん室編 1988)
 p591-594「柳剛流」あり。
『戸田市史 通史編 上』(戸田市編 1986)
 p1191-1192「岡田十内と柳剛流剣法」あり。
 p1192-1198「岡田十内の門人たち」あり。
『久喜市史 通史編 上巻』(久喜市史編さん室編 1992)
 p767-769「柳剛流」あり。
『吉川市史 通史編 1 原始・古代・中世・近世』(吉川市史編さん委員会編 2014)
 p476-478「柳剛流と吉川地域」あり。
『杉戸町史 通史編』(杉戸町 2005)
 p432-433「柳剛流と杉戸の武芸」あり。
『浦和市史研究 第2号』(浦和市総務部市史編さん室編 浦和市総務部市史編さん室 1987)
 p132-158山本邦夫著「浦和における柳剛流剣術」あり。
 p132-139「〔1〕柳剛流の起源」に心形刀流に関する記述あり。
『埼玉の剣術 神道無念流・甲源一刀流・柳剛流 第7回特別展』(戸田市立郷土博物館編 戸田市立郷土博物館 1991)
 p20-27「柳剛流」あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 《埼玉関係データベース》( https://www.lib.pref.saitama.jp/local/opac/search-detail.do?lang=ja  埼玉県立図書館)を〈心形刀流〉で検索する。
木原徹也著「〈研究ノート〉心形刀流の剣術家-武州越ケ谷宿木原周輔を中心として」(『埼玉地方史 13』p33-42 埼玉県地方史研究会 1982.7)に参考文献あり。
 
2 1の参考文献を確認する。
『幕末関東剣術英名録の研究』(渡辺一郎著 渡辺書店 1967)
 p11「第二表 関東地方に普及発展した「新流」」に、「「柳剛流」、源流「心形刀流(伊庭軍兵衛直保)、流祖名「岡田総右衛門希良」、主な在所、出身「武州葛飾郡惣新田」」とあり。

3 2の情報「武州葛飾郡惣新田」(現在の幸手市)から、幸手市関係の資料を確認する。

4 NDC分類〈789〉の棚にあたる。

5 《埼玉関係データベース》( https://www.lib.pref.saitama.jp/local/opac/search-detail.do?lang=ja  埼玉県立図書館)を〈柳剛流〉で検索する。

6 《埼玉県立文書館収蔵資料検索システム》( https://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000069OUDAN  埼玉県立文書館)を〈心形刀流〉〈柳剛流〉〈木原周輔〉で検索する。


ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2021年3月23日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
武術  (789 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉地方史 13』(埼玉県地方史研究会 1982)
『埼玉武藝帳 江戸から明治へ』(山本邦夫著 さきたま出版会 1981)
『幕末関東剣術英名録の研究』(渡辺一郎著 渡辺書店 1967)
『埼玉県教育史 第1巻』(埼玉県教育委員会編 埼玉県教育委員会 1968)
『埼玉県剣客列伝』(山本邦夫著 遊戯社 1981)
『幸手剣術古武道史』(剣術流派調査研究会編 剣術流派調査研究会 2008)
『幸手剣術古武道史』(剣術流派調査研究会編 剣術流派調査研究会 2008)
『川口市史 通史編 上巻』(川口市編 川口市 1988)
『浦和市史 通史編 2』(浦和市総務部市史編さん室編 浦和市 1988)
『戸田市史 通史編 上』(戸田市編 戸田市 1986)
キーワード
(Keywords)
剣道
剣道-埼玉県-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000321320解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決

Twitter

このデータベースについて

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ

新着データ

最近のアクセスランキング

レファ協PickUP!