このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000035524
事例作成日
(Creation date)
2021年05月26日登録日時
(Registration date)
2022年09月07日 14時19分更新日時
(Last update)
2022年09月28日 18時17分
質問
(Question)
1972年の札幌オリンピックの聖火リレーにおける山梨県内でのルートを知りたい。
回答
(Answer)
札幌オリンピックの聖火リレーについては、「山梨日日新聞」1972(昭和47)年1月3日~5日に記事がある。
当館資料としては『山梨日日新聞縮刷版 昭和47年1月号』、またはマイクロフィルムで閲覧可能。

記事によると、ルートの概要は次の通り。

<1月2日>※1月3日2面(縮刷版p.74)
籠坂ドライブイン前で静岡隊から聖火を受け、車で山中湖村役場前へ。
山中湖村を二区間リレー。
車で富士吉田ドライブイン前へ。
4.7キロを5区間に分けてリレーし、富士吉田市役所に到着。

<1月3日>※1月4日1面(縮刷版p.97)
富士吉田市役所前から河口湖畔をリレー。
御坂トンネルを車で輸送。
御坂ー石和を通って甲府市に入り、県庁前に到着。

<1月4日>※1月5日5面(縮刷版p.113)
県庁前から甲府駅前ロータリーを一周し、平和通りを南下。
国道二号線から竜王ー双葉を抜けて分火地点の韮崎市文光堂書店前へ。
(国道二十号の間違いか?)
ここから本州東コースと西コースに分かれる。
東コース:韮崎市から須玉、高根町を経て国境橋で長野県側に引継。
西コース:武川村、白州町を経て国界橋で長野県側に引継。
回答プロセス
(Answering process)
(1)自館OPACで「札幌」×「オリンピック」「五輪」などのキーワードで検索しヒットした資料を調査。
→ 詳細は分からない。

(2)「県政通信」No.30(昭和47年3月号)を確認。
→ p.15に「2日札幌を目ざすオリンピックの聖火は、静岡県から籠坂峠をこえて本県に入った。この日は富士吉田市役所、三日は県庁に保管され、四日には韮崎市で二つに分けられ、本州東コースは国道一四一号、西コースは国道二十号を通って北上し長野県に向かった」とある。

(3)当日の「山梨日日新聞」を調査。
→ 1月3日~5日の新聞にリレーの様子が詳しく報告されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
冬季競技  (784)
参考資料
(Reference materials)
山梨日日新聞縮刷版 昭和47年1月号 (p.74、97、113)
県政通信 No.30(昭和47年3月号) (p.15)
キーワード
(Keywords)
札幌オリンピック
聖火リレー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000320949解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!