このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。
メインコンテンツにスキップ

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2022-030
事例作成日
(Creation date)
2021年05月14日登録日時
(Registration date)
2022年09月02日 19時24分更新日時
(Last update)
2022年12月09日 10時47分
質問
(Question)
大正時代の女学生が築いていた「エス」という関係性について、起源を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料と情報を紹介した。

1 図書
『女学校と女学生』(稲垣恭子著 中央公論新社 2007)
 p81-117「第二章 女学生の手紙の世界」内に「エス」についての項目に該当記述あり。

『「少女」の社会史』(今田絵里香著 勁草書房 2007)
 p189-223「第6章 エスという親密な関係」に該当記述あり。

『「少女小説」の生成』(久米依子著 青弓社 2013)
 p178-194「第7章 構成される少女II 少女小説ジャンルの形成と友愛物語」
 p178-185「1 少女友愛小説の発生」に「エス」について記述あり。

2 雑誌
佐藤(佐久間) りか著「「清き誌上でご交際を」-明治末期少女雑誌投書欄に見る読者共同体の研究」(『女性学 (4)』p114-141 日本女性学会 1996.12)
 P136-137「エス」の流行について記述あり。

3 インターネット情報
《名古屋大学学術機関リポジトリ》( https://nagoya.repo.nii.ac.jp/  名古屋大学)鄒韻著「大正時代における女性同性愛を巡る言説 : 「同性の愛」事件と吉屋信子『花物語』を中心に」(『JunCture : 超域的日本文化研究(9)』p74-87 名古屋大学大学院人文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究センター 2018.3  https://nagoya.repo.nii.ac.jp/records/29090#.YJol8rX7SM8
 P82-86「白百合」における「エス」
 p82-83に該当記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈女学生 & 大正〉で検索する。

2 参考図書を確認する。

3 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈大正 & 女学生 & エス〉で検索する。
《ウィキペディア》( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8  ウィキメディア財団)
「エス(文化)」( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B9_(%E6%96%87%E5%8C%96))
 参考文献あり。

4 3の参考文献『「少女」の社会史』を確認する。
《名古屋大学学術機関リポジトリ:NAGOYA Repository》( https://nagoya.repo.nii.ac.jp/  名古屋大学)鄒韻著「大正時代における女性同性愛を巡る言説 : 「同性の愛」事件と吉屋信子『花物語』を中心に」(『JunCture : 超域的日本文化研究(9)』p74-87 名古屋大学大学院人文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究センター 2018.3  https://nagoya.repo.nii.ac.jp/records/29090#.YJol8rX7SM8
 P83に参考文献あり。

5 4の参考文献「佐藤(佐久間)りか著「「清き誌上でご交際を」-明治末期少女雑誌投書欄に見る読者共同体の研究」」を確認する。

〈その他調査済み資料〉
『日本俗語大辞典』(米川明彦編 東京堂出版 2003)
『集団語辞典』(米川明彦編 東京堂出版 2000)
『性語辞典』(柴田千秋編 河出書房新社 1998)
『女学生とジェンダー』(今井久代[ほか]編 笠間書院 2019)
『「婦人雑誌」がつくる大正・昭和の女性像 第25巻 教育1』(岩見照代監 ゆまに書房 2016)
『山川菊栄集 評論篇 第3巻 牙をぬかれた狼』(山川菊栄[ほか]著 岩波書店 2011)
『女学生の系譜 彩色される明治』(本田和子著 青土社 1990) 
『オトメの祈り 近代女性イメージの誕生』(川村邦光著 紀伊国屋書店 1993)
『愛について アイデンティティと欲望の政治学』(竹村和子著 岩波書店 2002)
『考証少女伝説』(大森郁之助著 有朋堂 1994)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2021年5月14日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367 9版)
参考資料
(Reference materials)
『女学校と女学生』(稲垣恭子著 中央公論新社 2007), ISBN 978-4-12-101884-7
『「少女」の社会史』(今田絵里香著 勁草書房 2007), ISBN 978-4-326-64878-8
『「少女小説」の生成』(久米依子著 青弓社 2013), ISBN 4-7872-9215-3
キーワード
(Keywords)
少女
女学生
女性-日本-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
文化
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000320853解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決

Twitter

このデータベースについて

国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ

新着データ

最近のアクセスランキング

レファ協PickUP!