このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域675
事例作成日
(Creation date)
2022年07月26日登録日時
(Registration date)
2022年08月09日 11時09分更新日時
(Last update)
2022年08月17日 11時16分
質問
(Question)
福島県いわき市湯本町の「鶴のあし湯広場」にある看板の「三函湯本勝地名蹟拾五有所」の絵図が見たい。掲載されている資料があれば、教えてほしい。
回答
(Answer)
「鶴のあし湯広場」は、平成18年3月に県の整備事業によって交流拠点広場として完成した、あずまや付きの無料の足湯を備えた施設。湯本温泉の鶴と温泉の伝説より、命名された。

「三函湯本勝地名蹟拾五有所」を掲載している資料は、以下の通りです。

【資料1】『温泉守って一世紀 いわき市常磐湯本財産区史(1913~2018)』

    *「鶴のあし湯広場」p6-7、144-145
    *口絵 「三函湯本勝地名蹟拾五有所」明治45年(1912)頃 斎菊勝之介氏作成

【資料2】『湯けむりの町つづれの色模様』p13-16 

【資料3】『夕刊 いわき民報』2020年(令和2年)11月25日(水曜日)第1面
    *現在、絵図の作者の子孫が、明治時代初期に建てられたという蔵を利用したカフェを営業し、その2階で絵図等、湯本の歴史を垣間見れる資料を公開している。(2022年7月26日現在営業中 チラシで確認)
回答プロセス
(Answering process)
まず、湯本温泉の歴史が書かれた基本資料『温泉守って一世紀 いわき市常磐湯本財産区史(1913~2018)』で、「鶴のあし湯広場」と「三函湯本勝地名蹟拾五有所」を調べ、絵図は斎菊勝之介が明治45年(1912)頃に作成と知った。その後、巻末資料を参考に更に調べた。新聞記事はGoogleで「斎菊勝之介」を調べてわかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
写真集  (748)
参考資料
(Reference materials)
「いわき市常磐湯本財産区史」編纂委員会 編 , いわき市常磐湯本財産区. 温泉守って一世紀♨いわき市常磐湯本財産区史 : 1913-2018. いわき市常磐湯本財産区, 2018.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I029426859-00
常磐湯本連合青年会 編 , 常磐湯本連合青年会. 写真集湯けむりの町つづれの色模様. 常磐湯本連合青年会, 1991.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I110028309-00
『夕刊 いわき民報』2020年(令和2年)11月25日(水曜日)第1面
キーワード
(Keywords)
いわき湯本温泉 三
鶴のあし湯広場
三函湯本勝地名蹟拾五有所
斎菊勝之介
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000319791解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!