このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢所分-2022-005
事例作成日
(Creation date)
2017/11/02登録日時
(Registration date)
2022年08月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年08月10日 09時05分
質問
(Question)
和更紗について、歴史や模様の写真などが載っている本はあるか。
回答
(Answer)
以下の資料があります。
〇『世界大百科事典 11』 平凡社 2007年
〇『日本の伝統染織事典』 中江克己/著 東京堂出版 2013年
〇『更紗』田中敦子/編著 誠文堂新光社 2015年
〇『江戸更紗柄図鑑』スタジオタッククリエイティブ 2009年
〇『日本の染織 20』京都書院 1993年
〇『和更紗・正絵集』 吉本嘉門/編 グラフィック社 2021年
○『インドの更紗手帖』田中敦子/編著 誠文堂新光社 2014年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
〇『世界大百科事典 11』 平凡社 2007年
p.378~379「更紗」の項目に〔古渡更紗と和更紗〕についての記載あり。
「日本で古渡更紗と称して珍重している裂類は17~18世紀に舶載された更紗で、その大半はインド製である。(中略)和更紗はこれら渡りものの更紗に刺激されて、その異国的な模様を生かして各地で製作されはじめたもので、堺更紗、長崎更紗、天草更紗などの名が残っている。」との記述あり。
 
〇『日本の伝統染織事典』 中江克己/著 東京堂出版 2013年
p.38~39「鍋島更紗」の項目あり。
「江戸時代、鍋島藩(佐賀市)で盛んに染められた鍋島更紗だが、明治時代になってからは長い間、途絶えていた。しかし、昭和四十年代、染色作家の鈴田照次が見事に復興させた。(中略)鍋島更紗のはじまりについては、つぎのような逸話が伝えられている。豊臣秀吉が朝鮮出兵したとき、藩主鍋島直茂も渡海したが、帰国にあたって高麗人の九山道青を連れてきた。道青は多才な人で、さまざまなことを伝えたが、その一つに更紗の染色があった。鍋島更紗は、こうしてはじまったという。そのため、「道青更紗」とも称された。」と記述あり。
p.133~134「江戸更紗」の項目あり。
「東京で染められている伝統的な更紗。「東京更紗」とも称される。もともと更紗は、室町末期から江戸時代にかけて、南蛮船で運ばれてきた多彩な木綿布である。(中略)江戸後期には盛んに国産化されたが、日本産の更紗は、南方産の更紗にたいして「和更紗」と呼ばれた。(後略)」との記述あり。
 
○『更紗』田中敦子/編著 誠文堂新光社 2015年
p.96~105「和更紗」の項目に模様の写真の掲載あり。
p.96「桃山時代から江戸時代にかけて、日本にも多くの更紗が伝わった。(中略)木綿栽培が広まる江戸時代以前の日本では、絹以外の布といえば麻だったため、木綿の吸湿性や保温力のある軽い素材感も魅力だった。とはいえ高嶺の花。そこで誕生したのが、“和更紗”だった。(後略)」との記述あり。
p186~196に和更紗の染織技術や型彫りについて写真で説明あり。
 
〇『江戸更紗柄図鑑』スタジオタッククリエイティブ 2009年
p.4~9に「江戸更紗とは」の項目あり。
「エキゾティックで華やかな模様と色彩を持つインド更紗は、16世紀半ば頃から南蛮船や紅毛船に乗って日本にやって来ました。(中略)やがて日本でも更紗が作られるようになり、人々は帯や下着、風呂敷や煙草入れなどに更紗を用いて、その華やかさを楽しみました。」との記述あり。
p.10~51に模様についての掲載あり。
 
〇『日本の染織 20』京都書院 1993年
p.78~81「和更紗」の項目あり。
「インドから輸入された更紗に刺激されて、日本の国内でも模造更紗が作られるようになった。(中略)ただ、茜の染料がないこと、その技術が不明であったことなどから、日本特産の型染の技法を応用、色彩は群青、弁柄など顔料を摺りこんだもので、水洗には弱いものであった。」と記載あり。京・堺更紗、長崎更紗、鍋島更紗について、それぞれの特徴と模様の掲載あり。
 
〇『和更紗・正絵集』 吉本嘉門/編 グラフィック社 2021年
全頁にわたり、和更紗の紋様パターンをカラーで掲載
 
○『インドの更紗手帖』田中敦子/編著 誠文堂新光社 2014年
p34~35「和更紗」の項目あり。カラー写真で模様の掲載あり。
 
2.記載の無かった資料
×『染・織 』 岩本秀雄/[ほか]著 朝倉書店 2005年
×『夏着物の文様とその見方』 似内惠子/著 誠文堂新光社 2015年
×『ジャワ更紗の美とその技法』 ピテカントロプス/編 誠文堂新光社 2015年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
染織工芸  (753 9版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 11 平凡社 2007.9 031
日本の伝統染織事典 中江克己/著 東京堂出版 2013.1 753 978-4-490-10826-2
更紗 田中敦子/編著 誠文堂新光社 2015.1 753.8 978-4-416-61475-4
江戸更紗柄図鑑 スタジオタッククリエイティブ 2009.1 753.8 978-4-88393-305-1
日本の染織 20 京都書院 1993.7 753.087 4-7636-7055-7
和更紗・正絵集 吉本嘉門/編 グラフィック社 2021.9 753.8 978-4-7661-3594-7
インドの更紗手帖 田中敦子/編著 誠文堂新光社 2014.8 753.8 978-4-416-61476-1
キーワード
(Keywords)
和更紗
江戸更紗
染物
染織
木綿布
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
図・絵・写真
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000319770解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!