このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立図書館 (2210034)管理番号
(Control number)
相市-R4-4
事例作成日
(Creation date)
2022/06/03登録日時
(Registration date)
2022年07月15日 14時52分更新日時
(Last update)
2022年08月09日 16時52分
質問
(Question)
通常なら5月くらいに孵化してしまう蚕の卵を、江戸時代から明治時代では孵化の時期を6、7、8月と継続して孵化させることができていたらしい。
なぜ孵化の時期をずらすことができたのか、当時の卵の保存方法などを知りたい。
回答
(Answer)
回答プロセスの通り①の資料と、レファ協で“養蚕”“風穴”について回答のある岩手県立図書館の事例、群馬県のホームページ内の「蚕種貯蔵施設」の紹介ページをご案内した。
回答プロセス
(Answering process)
●自館OPACで“養蚕”を検索

①『明治農書全集 第9巻』 松村 敏/(他)校注 農山漁村文化協会 1983 【610.1 S28522738】
p7-「風穴貯蔵」、「前田風穴」の記載あり。
p175-「秋蚕」について、「農作業に合わせて孵化の時期を自由に変える事ができれば、種の売り上げもあがるので漬物や酒、魚などを貯える「風穴」の中に蚕種を保存する」等の記載あり。
p192-196「風穴がないところでは高地の冷所で貯蔵するが、人工的に高地の冷所と似たような環境を作り出す窮理室(きゅうりしつ)を作って卵を貯蔵する」と記載あり。
p186-風穴の位置や構造について記載あり。 

●インターネットで検索

・レファレンス協同データベースで“養蚕 風穴”を検索
岩手県立図書館の“養蚕における風穴について調べている”の事例がある。
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000301631
(2022/07/15最終確認)
「蚕の生まれる時期を遅らせる方法として利用されている風穴」などの記載あり。

・Googleで“養蚕 風穴”を検索
群馬県のホームページ内「特集「次世代につなぐ世界遺産~『富岡製糸工場と絹産業遺産群』登録5周年~」2」に、荒船風穴「自然の冷風を利用した日本最大の蚕種貯蔵施設」の紹介があり、「岩の隙間から吹き出す冷風を利用した蚕の卵の貯蔵施設、冷蔵保存により卵がかえる時期を調整することで、年に複数回の養蚕が可能となり、繭の増産に大きく貢献」と記載あり。
https://www.pref.gunma.jp/07/b21g_00465.html
(2022/07/15最終確認)

※【 】内は自館の請求記号と資料コードです。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農業  (610 9版)
参考資料
(Reference materials)
『明治農書全集 第9巻』 松村 敏/(他)校注 農山漁村文化協会 1983
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I013673025-00
キーワード
(Keywords)
養蚕
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000318863解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!