このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
熊本県立図書館 (2110023)管理番号
(Control number)
0401004394
事例作成日
(Creation date)
20220530登録日時
(Registration date)
2022年07月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2022年10月03日 14時28分
質問
(Question)
夏目漱石の小説『草枕』に出てくる摩耶島(まやじま)は実際にあるか
回答
(Answer)
摩耶島(まやじま)という島が実在するかどうかは確認できなかった。
直接「摩耶島」について書かれているわけではないが、『「草枕」私論』 蒲池 正紀/著 もぐら書房
99p「草枕論」の中に”小天が直ちに那古井そのものではない。(中略)川舟の便もなく、禅寺も存しない。”という記述があったため紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
『草枕』を見て、「摩耶島」の記載箇所を確認。
『草枕』の小説の舞台が「小天温泉」。明治時代は「小天村」昭和の時代は「天水町」と呼ばれていた。
『日本歴史地名大系 44』、『角川日本地名大辞典 43』で「摩耶島」や「小天温泉」を調査した。
「摩耶島」は記載なし。
『天水郷土史』、 『みかんと草枕の里 天水』、『天水町史』 で地図や地名を調査。「摩耶島」の記載なし。

『夏目漱石「草枕」と熊本県「小天温泉」 複写版』記載なし。
『「草枕」の探訪』 42p「現地の人達の詳細の研究があるが、『草枕私論』(1973年1月 もぐら書房)の著者蒲池正紀氏の、現地跡査の記録もある。」と記述あり。資料を確認したところ、 『「草枕」私論』99p「草枕論」の中に「小天が直ちに那古井そのものではない。(中略)川舟の便もなく、禅寺も存在しない。」と記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
日本歴史地名大系 44,平凡社,1985.3 (103p小天温泉|0111837845|C/290.3/ヘ/)
草枕,夏目 漱石/著,岩波書店,1990年 (47p摩耶島|0114491186|C/913/ナ/)
夏目漱石「草枕」と熊本県「小天温泉」 複写版,鈴木 一弘/著,主婦の友社,1972年 (なし|0110101599|C/910.2/ナ/)
天水郷土史,中川 斎/著,中川斎,1961年 (なし|0110214624|C/210/C/ナ)
みかんと草枕の里 天水,「天水町40年の歩み」編集委員会/[編],天水町,2000.3 (なし|0117438069|C/210/テ/)
「草枕」の探訪,島 為男/著,みき書房,1981年 (42p現地の人達の詳細の研究があるが、『草枕私論」(1973年1月 もぐら書房)の著者蒲池正紀氏の、現地跡査の記録もある。|0110100252|C/910.2/ナシ/)
「草枕」私論,蒲池 正紀/著,もぐら書房,1973 (19p「草枕論」の中に”小天が直ちに那古井そのものではない。・・・川舟の便もなく、禅寺も存しない。|0110098308|C/910.2/ナカ/)
天水町史,天水町,2005.10 (開拓前の地図があったが、島の名前に摩耶島はなし。|0119025252|C/210C/テ/)
角川日本地名大辞典 43,「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編,角川書店,1987. (なし|0113394985|C/290.3/カ/)
キーワード
(Keywords)
摩耶島
まやじま
小天温泉
おあまおんせん
天水
てんすい
草枕
夏目漱石
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000318196解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!