このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-22-051
事例作成日
(Creation date)
2022年7月2日登録日時
(Registration date)
2022年06月30日 16時25分更新日時
(Last update)
2022年09月22日 21時00分
質問
(Question)
明治天皇が明治13年に御巡幸の際に、松本市中田家に御小休したという。その際の間取り図、賜りもの、エピソードについての資料が県立図書館にあったら知りたい。
回答
(Answer)
 『明治天皇御聖蹟ニ関スル書類』長野県社寺兵事課 1935 【N288/125】
に「明治天皇聖蹟調書」があり、昭和10年に県に中田三雄氏により提出されたものとの記載がある。中田家の「保存区域の略図」と「建物配置、並ニ間取図」青焼き図面各1部(年月日不明)を確認できる。図面中に赤線にて「保存区域」と囲みあり。この資料については写真撮影対応となる。

 『松本市の文化財4』指定文化財調査集録 松本市教育委員会 1970【N709/16/4】
p.23に「中田家の住宅と庭園」が掲載されており、青焼き図面と同様と思われる間取り図が確認できる。
この資料から抜粋したものが『松本市史 第4巻 旧市町村編1』 松本市 1995【N233/106/4-1】p.678-679に記載されている。

 『日本の民家調査方向書集成9』東洋書林 1998【521.86/ニホ/9】「長野県の民家」p.187
 ここに「代官の宿泊のような特別の機会のために建てられたもので、一般の民家の座敷とは性格が異なる。(中略)現存するのは、井出家以外では、松本藩出川組の大庄屋をつとめた中田家の座敷のみである。」と書かれており、「中田家座敷復元平面図」が確認できる。

 県内の御巡幸に関しての出版物を編纂した『信濃御巡幸録』信濃御巡幸録刊行会1933【288.48/シナ】
の中に収録されている『聖蹟巡禮の記』県立長野図書館長 乙部泉三郎 p.473に「中田家の聖蹟」として、乙部氏が中田家を訪問し御巡幸の様子について伺った内容が記載されている。
 またここに庭園、御座所、御下賜などの三枚の写真が掲載されているが、同じものが『聖蹟写真帖 南信(上)』乙部泉三郎撮影 1933【N288/45/1】にあり、写真そのものとして見ることができる。p.361に長野県内御休泊所、御下賜一覧、御手當に中田家の記載あり。また逸話の中で6月24日に三條太政大臣が中田家の池で釣りをした時の様子が記載されている。
 なお『信濃御巡幸録』(最終確認R4.9.13 写真:270コマ目、逸話:217コマ目)国立国会図書館デジタルコレクションの図書館送信参加館内公開で閲覧が可能。

 『御巡幸誌 明治十三年』三村壽八郎 交文社【N288/14】
 この資料は『明治十三年御巡幸誌』(最終確認R4.9.13)という書名で国立国会デジタルコレクションで自宅にて閲覧可能。
 
 『明治天皇の聖蹟を歩く 東日本編』打越孝明 KADOKAWA 2022【288.48/ウタ】p.194
『民家と西洋館』信州郷土史研究会 信濃毎日新聞社 1981【N521/67】p.128
に聖蹟として現在の中田家住宅が記載あり。
 
 『御巡幸を偲び奉りて』長野県 1940【N288/18】p.16
この資料では6月24日に中田家にて御小休されたことに関して確認できる。

 『松本市史 第2巻 歴史編3近代』松本市 1995【N233/106/2-3】p.246-249
この資料では奨匡社員の中田貢氏が屋敷を小休止に提供し、下賜されたと記載されている。


<その他調査済資料>
 ・『明治天皇御巡幸五十年記念帖』高山永三郎 1927【N288/11】
 ・『紀元二千六百年奉祝記念御巡幸誌』滋野村 1941【N288/22】
 ・『明治天皇と御巡幸』長野市聖徳記念会 1938【288/20】
 ・『明治天皇御巡幸五十年記念誌』松本市 松本書籍商会 1929【288/5】
 ・『明治天皇御巡幸諏訪通輦五十年記念写真帖』諏訪史談会 1930【N288/13】
    『信濃御巡幸録』と同様の内容
 ・『御巡幸を偲び奉る』乙部泉三郎 信濃毎日新聞社 1934【288/10】
 ・『明治天皇北陸東海御巡幸六十周年記念展覧会出品目録』長野県 1938【N288/103】
 ・『明治天皇の御巡幸 信州少年少女読本』乙部泉三郎 信濃毎日新聞社 1934【N288/102】
回答プロセス
(Answering process)
1 「御巡幸」「明治」のキーワードで検索。

2 NDC分類288、郷土資料N288の書棚で資料を調査する。
  明治時代に御巡幸は何回か行われており、中から明治13年に行われたものを探す。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 10版)
参考資料
(Reference materials)
信濃御巡幸録刊行会 編 , 信濃御巡幸録刊行会. 信濃御巡幸録. 信濃毎日新聞社, 1933.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I101145564-00
長野県社寺兵事課/編 , 長野県社寺兵事課. 明治天皇御聖蹟ニ関スル書類. 長野県社寺兵事課, 1935-00.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059105877-00
乙部 泉三郎/撮影 , 乙部 泉三郎 , 乙部 泉三郎. 聖蹟写真帖  1-5. 不明, 1933-00.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059277366-00
打越孝明 著 , 打越, 孝明, 1960-. 明治天皇の聖蹟を歩く 東日本編. KADOKAWA, 2022.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I031913381-00 , ISBN 9784046048271
キーワード
(Keywords)
明治天皇
御巡幸
明治13年
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000317823解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!