このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福島県立図書館 (2110004)管理番号
(Control number)
福島地域0388
事例作成日
(Creation date)
2022年01月31日登録日時
(Registration date)
2022年06月28日 10時05分更新日時
(Last update)
2022年06月28日 13時13分
質問
(Question)
戊辰の役で焼失する前の、猪苗代町土津神社の建物、境内図、鳥瞰図等が掲載されている資料はありますか。
回答
(Answer)
下記の資料に、焼失する前の土津神社を描いた絵図が掲載されていました。
資料1~3に掲載の絵図3点については、いずれも福島県立博物館で所蔵または寄託されているようです。また3点とも土津神社のホームページ( https://hanitsujinja.jp/ )でも画像が掲載されているものでしたので、既にご確認済みかもしれませんが、ご紹介いたします。
インターネットの最終確認日は2022年2月4日です。

資料1
『史跡会津藩主松平家墓所保存整備事業報告書』 猪苗代町教育委員会生涯学習課図書歴史情報館係/編 猪苗代町教育委員会 2017
 付章 2.絵図
 p.187(1)土津神社絵図
 「土津神社の境内と、その周辺を描いた近代の絵図。」とあり。
 絵図の全体図の写真が掲載されており、キャプションには「土津神社絵図 土津神社蔵/福島県立博物館寄託」とあり。
 ※土津神社HPの以下のページに【焼失以前の土津神社絵図】として掲載されているものと同じと思われます。
  https://hanitsujinja.jp/keidai/

 p.189,191(2)土津神社神領図
 「土津神社の神領を描いた絵図」とあり。p.189に全体図が、p.191に建物付近を拡大した部分図が載っています。キャプションには「土津神社神領図 土津神社蔵/福島県立博物館寄託」とあり。
 ※土津神社HPに拡大図と思われる図版が掲載されています。右の「會津五社寺」の項にある方の絵図です。
  https://hanitsujinja.jp/history/aizushugoshin/
 p.87にも部分的に拡大した図版、p.11に若干の解説もあります。

資料2
『生誕四〇〇年記念 保科正之の時代』 福島県立博物館/編集 福島県立博物館 2011
 pp.100-101 「No.93 土津神社絵図」「No.94 土津神社神領図」の図版と若干の解説あり。

 資料1に掲載の絵図と同じものです。
 p.156の出品目録では所蔵者はどちらも「土津神社(当館寄託)」とあり。
 
なおこの「土津神社絵図」「土津神社神領図」の一部分と思われる図版は、他にも多数の資料に掲載されていました。掲載が見つかったものについては、下記の【確認済み資料】にその旨あわせてご紹介いたします。

資料3
『戊辰戦争一五〇年』 福島県立博物館/ほか編集・発行 2018
 p.112に「焼失前の土津神社」を描いた屏風が掲載されています。
 「233 土津神社図屏風 大須賀清光筆 十九世紀 福島県立博物館」
 p.192の出品目録で所蔵は「福島県立博物館」と記載があります。
 ※こちらも土津神社HPに同じ屏風と思われる図版が掲載されています。左の「東北の日光」の項にある方です。
  https://hanitsujinja.jp/history/aizushugoshin/

資料4
『会津鑑 3』 高嶺慶忠/編 歴史春秋社 1981
 巻之第三十三中・下に「見禰山之部」あり。
 延宝元年の「御墳前假屋之圖」(p.321)、「御社前假屋圖」(pp.322-323)などの図版があります。


その他、下記の資料を確認しました。
【確認済み資料】
『会津史談 第93号』 会津史談出版部/編 会津史談会 2019.4
 p.217「大須賀清光が描いた土津神社図屏風の発見」
 「福島県立博物館が真贋を確認し、平成三十一年三月十三日、若松・福西本店の蔵座敷で発表され、」(…中略…)「福島県立博物館蔵となった屏風『土津神社図』『圓蔵寺図屏風』が、この度修復されたことを契機に、完成のお披露目となった次第である。」とあり。発表の様子を写した屏風を含む白黒写真があります。

『保科正之公と土津神社 其の影響と治蹟』 塩谷七重郎/著 土津神社神域整備奉賛会 1988
 pp.4-5 口絵 「土津神社鳥瞰図(土津神社蔵)」「土津神社宮使使住図」 ※資料1(1)土津神社絵図の一部分と思われる図版
 pp.198-214「第十章 土津神社造営と土田堰」
 pp.215-252「第十一章 土津神社の変遷」

『藩祖保科正之公と会津藩』 会津武家屋敷文化管理室/編 博物館会津武家屋敷 1996
 p.17「土津神社絵図 猪苗代町 土津神社」 ※資料1(1)土津神社絵図の一部分と思われる図版
 pp.48-54「土津神社の変遷」

『保科正之の生涯と土津神社』 小桧山 六郎/著 歴史春秋出版 2001
 pp.20-41「正之の葬送と土津神社」
 p.67「戊辰戦争で焼失前の土津神社と正之墳墓(土津神社所蔵)」 ※資料1(1)土津神社絵図の一部分と思われる図版、白黒。

『名君・保科正之の生涯と土津神社』 猪苗代の偉人を考える会 2011
 p.3 「土津神社絵図」 ※資料1(2)土津神社神領図の一部分の図版
 p.58 「土津神社絵図」 ※資料1(1)土津神社絵図の一部分の図版

『福島の民俗 第49号』 福島県民俗学会 2021.3 ※貸出不可
 pp.29-42「江戸時代前期の土津神社上棟式の記録―『会津鑑』と『家世実紀』から―」 小澤弘道/著

『土津神社誌 明治維新百年記念』 相田 泰三/編 宮沢重徳 1973
『財団法人見禰山義会沿革史』 見禰山義会/編 見禰山義会 1935
『大須賀清光の屏風絵と番付』 福島県立博物館/編 福島県立博物館 2016
『福島県立博物館常設展示解説図録』 福島県立博物館 1986
『福島県立博物館 総合案内』 福島県立博物館 1989
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000317731解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!